2011年04月21日

清水公園に行ってきました。


P1420074

清水公園内にある花ファンタジアのチューリップ


17日(日曜)、千葉県にある清水公園に行ってきました。 よく知らずに行ったのですが、かなり大きな公園でした。 公園内にある花ファンタジアはゆったりと過ごすには最適な場所です。 桜は見頃を過ぎてましたが、チューリップは満開でした。



詳細は以下より

P1420010

17日(日曜)晴れ。 シャツ一枚でも過ごせそうな暖かな気温でした。 この日、予定してた仕事がなくなり暇ができました。 だからどこでもいいから出かけようかということに。



場所は目をつぶってグーグルマップを指差しその付近の公園に決めました。 それが清水公園。 清水公園駅というそのままの名前がついた駅をおりると・・・なにもない。 駅前になにもない典型的な田舎の風景が広がってる!



少し嫌な予感がしつつも5分ほど歩くと公園の入り口が見えてきました。 人がたくさんいます。 屋台もあります。 かなり賑わってます。 なんか祭りっぽいよ!



P1410770

清水公園は桜の名所とのこと。 しかしご覧のとおり、時期的に見頃は過ぎてます。 先週は綺麗だったんでしょうねえ。



P1410761

金乗院参道の入り口にある仁王門。  手前の木は桜(たぶんソメイヨシノ)です。 来年の桜見はココだな(予定)。



P1410946

ソメイヨシノは散ってましたが、シダレザクラは満開でした。



P1410823

公園の真ん中には水上アスレチックがありました(有料)。 見ての通り、池の上にあるアスレチックコースです(水没覚悟のコース)。 ときおり大きな歓声があがるほどの盛り上がりっぷり。 大人・子供関係なく多くの人で賑わってました。



P1410803 P1410801

桜の花びらが浮かぶ、水上アスレチックコース。


水に濡れたら帰るのが大変だろう・・・そんな心配をよそに、みなさん豪快に水没してました。 なにこのフリーダムなSASUKEは・・・。 「すべて自己責任でどうぞ、メガネを池に落としたら見つからないから気をつけたまえ」というニュアンスのアナウンスも流れてます。 こんなに自由な公園ははじめてみたよ。 愉快だね。

 


P1410851

花ファンタジア


さらに歩くと花ファンタジア(有料公園)にたどり着きました。 ここは桜通りやアスレチックと違い人気はまばらです。 落ち着きます。 上写真は入り口付近に咲いたパンジーです。 綺麗に並んで咲いてました。



P1410852 P1410861

別の花壇のパンジー。 タルからこぼれたように咲いてます。 ユニークだねえ。



P1420028

無茶な角度で立つ植木を眺めつつ



P1420001

ユキヤナギの道を入っていくと・・・



P1410906 P1410895

ローズマリー、ハナズオウ




P1420167 P1410849

ドウダンツツジ ガーベラ?


テーマごとの庭があり、そこにいろいろなお花が咲いています。 撮影してるだけで数時間は余裕で過ごせます。 レンズを持ってくれば良かった・・・。



P1420094

そして公園の一角ではチューリップが満開でした。 見事です。



P1420015

チューリップの中を覗いてみたりして。



P1420052

花ファンタジア内のレストラン(2階)からの風景


園内にはベンチが所々に置いてあり、そこにいるだけで気持ち良い空間でした。 時期的に咲いていない花がたくさんあったので、GWあたりに行くとまた風景が一変していると思われます。 無計画に行ったわりには楽しめました。 ココはまた来よう。



清水公園 - a set on Flickr その他の写真



ちなみに

園内のほとんどの場所でWiMAXが使えませんでした。 やっぱWiMAXは広い公園に弱いね。



リンク とくみつ録どれどれ

清水公園 公式ホームページ

花ファンタジア通信



関連記事 とくみつ録用これまた

桜満開

【モノフェローズ】お花見&撮影会に行ってきました

日光へ行ってきました

宮崎に帰省してきました(2010)



お散歩ブック (角川文庫)
定価:¥ 580
レビュー平均:4.74.7点 (16人がレビュー投稿)
5.05.0点 日常のささやかな幸せを再発見!
5.05.0点 週末が待ち遠しくなりました
4.04.0点 どんな時も
出版日:2002-09
メーカー:角川書店
by amazon通販最速検索 at 2011/04/21


色の名前
定価:¥ 2,625
レビュー平均:4.84.8点 (22人がレビュー投稿)
5.05.0点 眺めているだけでも素敵です
4.04.0点 色名とは、自然界に対してかつて人間が敬意を払っていたことの証し
5.05.0点 色から広がる美の世界
出版日:2000-04
メーカー:角川書店
by amazon通販最速検索 at 2011/04/21