2011年10月29日

Sony Tabletのイベントに参加してきました(3)「Sony Tablet Pシリーズ」を触ってみた感想



Sony Tablet Pシリーズ

Sony Tablet 製品情報


10月23日(日曜日)に「Sony Tablet」のイベントに参加してきました。 「Sony Tablet」とはソニーから発売されているAndroid搭載のタブレット端末です。 その1その2からのつづきです。 今回は2画面端末「Sony Tablet Pシリーズ」を触ってみた感想です



※このレビューは「みんぽす」の無償イベントに参加して書かれています。(詳細は末尾で)



詳細は以下より

 Sony Tablet Pシリーズ


Sony Tablet Pシリーズ

Sony Tablet Pシリーズ


「Sony Tablet Pシリーズ」は2画面液晶を採用している折りたためるタブレット端末です。 この機種の特徴は(1)折り畳めて持ち運びに便利 (2)開くと大画面で使える です。



Sony Tablet Sシリーズ」と違い赤外線リモコン機能を搭載してません。 赤外線モジュールは部品が大きくて「Sony Tablet Pシリーズ」に搭載するのは無理だったようです。 あとバッテリーの交換が自分でできます(Sはサービスセンターへ郵送)。



Pシリーズ用バッテリーパック SGPBP01icon ソニーストア



「Sony Tablet Pシリーズ」

詳しい仕様


折りたたむとこんな感じ。 重くはありませんが、手にするとズッシリとした重量感があります。 表面素材は樹脂です。 基本カラーはシルバーです。 着せ替えカバーも用意されてます(別売り)。 個人的にはVAIO Pみたいな元気な色が欲しいなと思ってみたり。



着せ替えカバー SGPC1 ブラック/ホワイトicon ソニーストア



搭載OSはAndroid 3.2。 これから登場するAndroid 4.0へのアップデートにも対応するそうです。 カメラは天板(リア:511万画素)と液晶側(フロント:30万画素)に2つ付いてます。 内蔵マイクはモノラル。 バッテリー駆動時間はスタンバイ時:約120時間、Wi-Fi ウェブ閲覧時:約6.1時間です(公表値)。 ソニーストア価格は6万2880円。 ちと高いね。 ドコモで3G契約する人はもっと安く入手できるはず(2年縛りになるけど)



Sony Tablet Pシリーズ Sony Tablet Pシリーズ

丸みを帯びた形状なので手に持ったときにしっくりきます。 鞄にも入りやすそう。



各部名称・寸法図  Sony Tablet Pシリーズ



P1490253

ウェブ閲覧


サクサク表示されるブラウザ。 ウェブ閲覧はとても快適です。 最新のモバイルノートPC並かも。 タッチパネルの反応がよく、スクロールや拡大縮小も快適です。 文字入力も違和感なし。 液晶の上下真ん中に線が入るのでそこに違和感があるという意見もありますが、私はそれほど気になりませんでした。 購入して常用しだすと気になるかな? ブラウザ使用時の縦表示はできません(文字が読みづらくなるから無効になってるらしい)。



液晶の解像度が高いので、サイトがスマートフォン表示になるとレイアウトが壊れて逆に読みづらいです。 スマートフォン表示されたサイトはPC表示に手動で切り替えます。 Android4.0(それ以降?)では標準でPC表示にする機能が付くらしいです。 だからこの切替の煩わしさからは開放されるでしょう。 現時点でもデバッグモード(?)にすると強制的にPC表示されとかで、そのデモを見せてもらいました。 けど、そのコマンドを覚えてないので(汗)ここで紹介はできません。。。ごめん。※1 


追記

※1 アドレスバーに「about:debug」と入力すると入れるそうです。 Androidタブレットなら他社製品でも使えるテクなんだとか。 情報ありがとうございます!!




Sony Tablet Pシリーズ

ゲーム


初代PlayStationのゲームを「PlayStation Store」で購入すると「Sony Tablet Pシリーズ」でも遊べます。 写真はプリインストールされてる「みんなのGOLF 2」です。 SD画質なので少々絵が荒く感じました。 コントローラーは液晶に表示されたものをタッチします。 ボタンの反応は普通に良かったです。 とはいえ、ゲームのボタンは物理的なものが欲しいところ。 実はPS用 PC用※2のコントローラー(Bluetooth)が「Sony Tablet」でも使えるようです。 しかしメーカーによって信号が違うので、動作保障は現時点ではできないとのこと。 もう少し待てば正式にアナウンスされるかもしれませんね。


※2 PS用ではなくPC用のものが使える とご指摘頂きました。 お詫びして訂正いたします。 そしてご指摘ありがとうございます!



Sony Tablet Pシリーズ

電子書籍


自炊したPDFはもちろん、Reader Storeで購入した電子書籍、雑誌が楽しめます。 ページめくりなどの動作はサクサク。 読みやすいです。 雑誌(サンプル)はレイアウトが電子書籍に最適化されていないように感じました。 イチイチ文字を拡大して見なきゃいけないので読みづらいです。 これから最適化したものが登場するのかな。



Reader Storeで一度購入した電子書籍は追加料金なしで、Readerやタブレットからダウンロードして楽しめます。 ※私はまずはReaderを買う予定なので、このサービスの盛り上がりに期待してます。



会場にはITジャーナリストの本田雅一さんがいらしてたので、電子書籍周辺事情をお聞きしてみました。 その話を私なりに解釈すると、Amazon Kindleが日本でサービスを開始しても、今の状況は劇的には変わらないですね。 変わるとしても少しづつかな。 日本はアレが個性的すぎてナカナカです。 ただしソニーの「Reader store」と「Kindle」のサービスが本格的に始まるとこの状況が一変する可能性はあります(希望的観測)。 いちユーザーとしてはそこに期待します。



あ、そうそう

「Sony Tablet Pシリーズ」は2つ折り型ですので本のように持てます。 普通のタブレット端末と比べて電車内で中を覗かれにくいかもしれませんね。



 その他



Sony Tablet Pシリーズ

机に置いてみました。 重量バランスもよく、液晶を開いてもあちら側に倒れることはありません。 外付けキーボードを用意するとノートPCのように使える予感。



Bluetoothキーボード SGPWKB1icon ソニーストア



ハード的に気になったのは、物理的な「ホームボタン」がないところ(液晶画面にマークで表示されてます)。 これはAndroidタブレットのルールみたいです。 開発スタッフの方は(その方の個人的な意見かもしれないけど)「付けたかった」と言ってました。 頼むよGoogle!



液晶の視野角は普通です。 IPS液晶ではないので斜めの角度から見ると色が変化します。 でもこれがデメリットになるのかは不明。 しばらく使わないと評価できませんね。 保留。



タッチパネルは液晶1枚につき五本指(計10本指)タッチに対応してますが、それを活かすアプリはまだ用意してないとのこと。 キーボードのタイプ時に活かされてるのかな?



 まとめ



自信作というだけあって、非常に出来が良かったです。 サクサク動作に偽りなし。 快適。 去年、PCを購入するときにVAIO Pが候補のひとつでした。 しかし体感速度が若干遅く、そこがネックで候補から外しました。 もしあの時このSony Tablet Pシリーズがあったら絶対これ買ってましたよ!(今そんなこと言ってもしょうがないけど)



サブ機としての利用、またはインターネット利用は閲覧がほとんどである・・・なんて人にはこの「Sony Tablet Pシリーズ」は持って来いですね。 親指タイプができますので寝っ転がって使えますし。



個人的には

SONYの電子書籍「Reader(PRS-G1)」みたく3G接続し放題で月額580円という刺激的なモデルが欲しいところ。 そんなのが出たら即買いですよ。 え? 無理ですか(笑)



というわけで、以上がイベントレポートでした。体験時間中にかなりぶっちゃけトークを聞かせていただき、いつにもまして楽しかったです(笑) 関係者のみなさま、どうもありがとうございました。





その1その2へ戻る





リンク とくみつ録どれどれ

Sony Tablet 製品情報


Sony Tablet Amazon

Sony Tablet 楽天

Sony Tablet Yahoo!オークション



関連記事 とくみつ録用これまた

SONYの電子書籍「Reader(PRS-G1)」 〜3G接続し放題で月額580円

カラフルになったモバイルノートPC「 VAIO Pシリーズ」の体験イベント

Android モバイルギア「LifeTouch NOTE」レビュー

iPod touch 4th レビュー(9)約10ヶ月使ってみての感想と雑感

ウォークマン「NW-A840シリーズ」をお借りしました



----------------------------

このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたイベントに参加して書かれています。 本イベントへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)。本イベントに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

----------------------------






ジャンル: ■ PC本体