2012年05月19日

三菱ブルーレイディスクレコーダー「DVR-BZ260」をお借りしました(2)約1ヶ月使ってみての感想



ブルーレイディスクレコーダー「DVR-BZ260」

三菱ブルーレイディスクレコーダー/DVR-BZ260


4月20日に発売された三菱電機のブルーレイディスクレコーダー「REAL(リアル) DVR-BZ260」。 3月に体験イベントに参加し、4月に実機をお借りしました。 メカに詳しくない人でも簡単に操作できるように設計されたレコーダーです。 ダブルチューナー搭載、HDD容量は500GB(外付けHDD対応)。 レビューその1からのつづきです。



お借りして約一ヶ月。 もう返したくないくらい我が家に馴染んでしまいました。 細かな不満はありつつも、概ね満足です。 2番組を録画中に、予約した番組を再生できる とか便利すぎです。 今使ってるレコーダーは2005年製のPSX。 さすがに古すぎるだろ・・・ということで、買い替えを検討中です。



良かったところ

『画質が綺麗(地デジ画質)』 『ダブルチューナーが便利』 『両面リモコンがいいね!』 『リモコンの見るボタンを押すと入力切替も同時にしてくれる』 『「見どころ再生」でCMスキップ再生できる』 『省電力』



気になったところ

『ボタンを連続で押した時のレスポンスが遅い』 『内蔵HDDが500GBと少ない』



※このレビューは「みんぽす」の無償商品貸出しを利用して書かれています。(詳細は末尾で)


詳細は以下より

 




上にも書きましたが、我が家のHDDレコーダーは2005年製のPSXです。 古い機種です。 けして最新機種との比較ではありません。 なので以下の感想は暖かい目でみてやってください・・・!


 使用感




録画再生メニュー 音声ガイド



私がひと通り使ってから、妻にも使ってもらいました。 メカ音痴だと思ってた妻も操作はすぐに覚えました。 というか私よりも飲み込みは速かったかも・・・。 普段からレコーダーを使ってるせいかな? なんにせよ「操作が簡単」という証明ができたような気がします。 唯一(?)操作で迷ったのはCMカット機能。 見どころ再生がソレにあたるのですが、取扱説明書には書いてなくてネットで探し当てました。 コレは表立って言えない機能だからしょうがないですね



イベント内で説明された「使いやすさのポイント」が4つありました。

1) テレビ、レコーダー[一体型] 両面リモコン

2) 外付けHDD追加後も操作感は同じ

3) 予約アシスト機能

4) 音声での操作ガイド



4つのポイントの内、実際に使ってみて、本当に使いやすいね!と思えたのは(1)両面リモコンのみでした。 このリモコンはお気に入りです。 (2)は貸出期間中で内蔵HDD容量を満たせなかったので試してません(ごめん)。 (3)「おすすめ予約」機能は予約数がまだ少ないとかで、使えませんでした()。 (4)音声ガイドは最初は聞くけど常用はしないので、使いやすいかと聞かれると返答しづらいところです。 というわけで、これらが使いにくいのではなく、我が家では使えなかった(使わなかった)だけのお話です。



DVR-BZ260 リモコン DVR-BZ260 リモコン

テレビ、レコーダー一体型の両面リモコン




では実際に使っている様子を交えながら、その感想を書き連ねてみます。



 起動




電源OFF →「数十分以内」→ 電源ON であれば瞬間的に起動します(上動画前半部分)。 しかし電源OFF →「1時間以上」→ 電源ON すると上動画中盤以降のように起動するまでしばらく待たされます(上動画では画面が表示されるまで約35秒かかってます)。 ※「瞬間電源オン」機能を常時ONにしてもここに変化がなかったような・・・?



35秒でも遅くはないと思いますが、瞬間電源オンという言葉に期待しすぎたせいで、ちょっとガッカリしました。 妻は「気にならない」というスタンスでした。



三菱ブルーレイディスクレコーダー/DVR-BZ260 瞬間電源オン



 番組予約





リモコンの「予約ボタン」を押して、番組表を表示して、番組予約をします。 簡単です。 毎週録画したいときは「リモコンの緑ボタン」を押すか、「予約一覧」から変更します。



ブルーレイディスクレコーダー「DVR-BZ260」 リモコン



 録画・再生




録画一覧 音声ガイド 録画再生


使ってみて便利だったところは・・・



・画質がいい

地デジと同じ画質で録画再生できて新鮮でした。 我が家のPSX(HDDレコーダー)はアナログ接続なので、ソレと比べると段違いの画質です。



・見どころ再生でCMカット

最近のレコーダーってCMカット機能を搭載することができないんですね。 調べてみてビックリしました。 しかし各社、裏技的に機能を搭載してるようで、「DVR-BZ260」は見どころ再生でCMカットができました(HDDのみ)。



・見るボタンを押すと入力切替してビデオ表示してくれる

テレビ視聴中でもリモコンの『見るボタン』を押すと、入力切替も同時に行い録画一覧を表示してくれます。 賢いね!



・ダブルチューナーが便利

『録画(1)』しながら『録画(2)』が可能です。 そして、『録画(1)』『録画(2)』中に『録画の再生』または『Blu-ray Disc再生』も可能です。



・スマート再生(1.3倍速再生)で時間短縮

通常の1.3倍でニュースチェックできます。 音声も聴きとりやすいです。 でもスマート再生と見どころ再生は同時に出来ないようで、そこは惜しいなと思いました。




スマート再生 1.3倍速再生




ブルーレイディスクレコーダー「DVR-BZ260」

録画一覧 画面


逆に気になったところは・・・



・内蔵HDDの容量が500GB

地デジ番組をそのままの画質で約63時間録画できます(スペック表)。 HD画質のAEモード(約252時間)までは画質的には十分綺麗です。 252時間だと1日3時間録画して84日(約3ヶ月)。 これで足りなければ外付けHDDを接続して対応できます。 けど、外付けHDDは今はそんなに安くないですからねえ。 内蔵HDDは1TBのものを用意して欲しかったです。



・ボタンを連続で押したときのレスポンスが遅い

リストから録画番組を選択してるとき、ボタンを連続で押しても「ピッ・・・」「ピッ・・・」「ピッ・・・」とマイペース動作です。 録画番組(保存用)が増えるとイライラするかも



予約設定

画質は予約設定から選択します


ちなみに録画された画質は、HD画質だったらどれも綺麗でした。 標準画質の時間優先(EPモード)だとウェブカメラかよ!ってツッコミいれたくなるくらい画質は荒いです。



 Blu-ray Disc・DVD再生



ブルーレイディスクレコーダー「DVR-BZ260」

Blu-ray Disc初体験です。 画質はやっぱDVDよりも全然良いですねえ。 綺麗。 でも高画質な映像は地デジ番組で見慣れてるので感動するところまではいきませんでした。 しかし地デジと同等かというとそうでもない気がしました。 アバターは地デジで放送されたものよりもBlu-ray Discの方が画質がきめ細かいように感じました。 そのせいで妙にCGっぽく感じましたけど。。。 もっと大画面のテレビで比べたらこの差がよりハッキリするんじゃないでしょうか。



2番組録画中でもBlu-ray Disc(& DVD)の再生は可能です。 途中で一時停止してもその続きから再生できます(レジューム機能付き) 便利ですね。



DVDの画質も良かったです。 Blu-ray Discと比べるとさすがに劣りますが、これだったらまだまだ十分現役で頑張れますね。



DVDはディスクを入れてすぐに再生されますが、Blu-ray Discはちょいと時間がかかります。 昔のPSのようにあの待ち時間にギャラガがPlayできたら楽しいのに(←無理だろ)



 その他




チャンネル切替


チャンネル切替などのレスポンスは悪くないです。 でも上記したとおり、ボタンを連続で押した時のレスポンスは遅いです。 地デジ録画が可能なPCだとココらへんはサクサク動作するので、比べるとちょっとまどろっこしいです。



録画一覧画面 → 予約一覧画面(または他の画面)に直接移動ができません。 常にホームポジション(TV)に戻ってからの操作になります。 ここも操作に慣れてくると煩わしく感じました。



内蔵HDDからディスクへダビング

自動で圧縮変換して無理矢理でもダビングする機能が欲しかった




 消費電力



ワットチェッカーで消費電力を測定してみました。



・スタンバイ時 5〜12W テレビをつけたら約14W 連動してます

・再生中 14〜15W

・ダブル録画 約16W

・ダブル録画+DVD再生 約18W

・ダブル録画+録画再生 約17W



通常は15W前後。 かなり省電力です。 地デジPCはハイスペックなものが多いので50Wを超えるものが少なくありません。 それと比べると圧倒的です。 例外的に20Wの省電力地デジPCも存在しますけど、ダブルチューナーではありません。 



消費電力参考

「Phoenix(HP h9-1170jp)ダブル地デジモデル」

21.5インチ、液晶一体型デスクトップPC「HP Omni 200PCシリーズ 2011春モデル」



 電気代



消費電力をもとに1年間の電気代を計算してみました。 消費電力は平均して15W、1日24時間使用すると仮定しています。 電気代の単価は電力料金目安単価の22円/kWh(税込)で計算します。 厳密に計算するのは無理なので目安としてみてください。 1年間にかかる電気代は以下のとおりでした。



15W × 24時間 × 1年間 = 131400W時間

1年間の電気代 約2891円



 まとめ



我が家のレコーダーが古すぎるせいもあってか、使ってみてとっても便利なレコーダーでした。 好印象です。 購入したら普通に満足する製品だと思います。



良かったところ

『画質が綺麗(地デジ画質)』 『ダブルチューナーが便利』 『両面リモコンがいいね!』 『リモコンの見るボタンを押すと入力切替も同時にしてくれる』 『「見どころ再生」でCMスキップ再生できる』 『省電力』



気になったところ

『ボタンを連続で押した時のレスポンスが遅い』 『内蔵HDDが500GBと少ない』



価格を調べてみたら2012年5月19日現在の最安値は5万9700円〜でしたAmazonで探す楽天で探す価格.comで探す ずいぶん安くなりました。



そして去年発売されたモデルではありますがDVR-BZ350(内蔵HDD 1TB)は3万円台まで下がってますAmazonで探す楽天で探す価格.comで探す。 これも両面リモコンを採用したモデルです。 安いし、HDD容量も多いし、ダブルチューナー搭載だし、なかなか良さげじゃないですか評価もなかなか良い



というわけで買い替えを検討してます。 あと、テレビもそろそろ大きいものに買い換えなきゃかなあ。 お金がかかるなあ・・・

(了)





その1に戻る






リンク さくら

三菱ブルーレイディスクレコーダー/DVR-BZ260 三菱電機 製品情報


購入先

Amazonで探す楽天で探す価格.comで探すヤフオクで探す



関連記事 とくみつ録用これまた

AQUOS「クアトロン」を体験してきました

8コアCPU搭載「Phoenix(HP h9-1170jp)ダブル地デジモデル」

21.5インチ、液晶一体型デスクトップPC「HP Omni 200PCシリーズ 2011 地デジモデル」

テレビでインターネットが楽しめる「ブラウザBOX」



----------------------------

このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたイベントに参加して書かれています。 本イベントへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)。本イベントに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

----------------------------