2012年07月19日

楽天の電子書籍端末「kobo Touch」を購入。 〜まずは「Sony Reader (PRS-G1)」と比較してみました



kobo Touch

kobo Touch (シルバー) 楽天


楽天の電子書籍端末「kobo Touch」を購入しました。 価格は7980円。 電子書籍端末といえば去年末にSony Reader (PRS-G1)を購入したばかり。 だから「kobo Touch」はスルーする予定でした。 しかし予約すると最大3000ポイントプレゼントというキャンペーンをしていたので、ネタ用にひとつ買ってみました。 個人的に気になるのはSony Reader (PRS-G1)との違い。 まずはその辺りを比べてみました。



詳細は以下より

 

 kobo Touch



kobo Touch kobo Touch

楽天 kobo


本日発売の電子書籍端末「kobo Touch」。 4色の中から私はシルバー(裏面)を選択しました。 濃いシルバーで暗い場所ではねずみ色に見えます。 光にかざすと鈍く光ります。 いい感じです。 ボディは樹脂製ですが安っぽさは感じません。



楽天が電子書籍端末「コボタッチ」発売 - MSN産経ニュース

電子書籍の"普及"元年に? : 今を読む:経済 : Biz活 : ジョブサーチ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)



使う前に設定をしました

koboの セットアップをしてみた



 Sony Reader (PRS-G1)との比較



kobo Touch

「kobo Touch」とSony Reader (PRS-G1)を並べてみました。 なんだか似てますね。 Sony Reader (PRS-G1)の方がボタンが多いです(便利)。  縦サイズは「kobo Touch」のほうがコンパクト。 厚みはSony Reader (PRS-G1)のほうが若干薄いです。 重さは185gで同じ(軽い)。 画面も約6インチで同じ。 電子ペーパーの見やすさも同レベルです。



kobo Touch

「kobo Touch」の連続駆動時間:約1ヶ月とのこと。 条件がわからないので比較しづらいのですが、Sony Reader (PRS-G1)は最長7週間(1日30分読書時)です。



 ページ送り



「kobo Touch」と「Sony Reader (PRS-G1)」のページ送り速度を比較してみました。




電子書籍(文章主体)のページ送り


ほぼ同レベル。 「kobo Touch」は文字だけ書き換え、「Sony Reader (PRS-G1)」は画面全体を書き換えてるように見えます。 「kobo Touch」方が若干速いかな。




電子書籍(漫画)のページ送り


ほぼ同レベル。 どっちかというと「Sony Reader (PRS-G1)」のほうが少し速く感じます。 しかし同じ電子書籍(漫画)ではないので厳密な比較ではありません。 参考程度にみてください。




自炊本(PDF)のページ送り


Sony Reader (PRS-G1)の方が速いです。 ScanSnapでPDF化した本(自炊)で比較してます(同じ書籍です)。 「kobo Touch」は前に表示したページが残ってて少し見苦しいですね。 表示速度も比べると若干遅いかな。




PDFファイルのページ送り


「kobo Touch」の方が速いです。 両者ともこのPDF電子書籍(240ページ)で比べてみました。 「kobo Touch」は最初こそモタツくものの、そのあとは普通にページ送りできます。 Sony Reader (PRS-G1)はなぜこうなるのかわからないくらいモタツキまくります。



最初にこのPDF電子書籍の比較をしたので「kobo Touch」の大勝利じゃないかあああ! と思ってしまいました。 でも実際は得手不得手があるのでほぼ同レベル(引き分け)かなと。



 使い心地の比較



「Sony Reader (PRS-G1)」と「kobo Touch」の使い心地を比較してみました。 まだ数時間しか使ってないので、見落としや勘違いがあるかもしれません。 参考程度にみてください。 事実誤認があった場合は訂正させて頂きます。



「Sony Reader (PRS-G1)」はマルチタッチ対応

「kobo Touch」はシングルタッチ



Sony Reader (PRS-G1)」はPDFファイルにハイライト(マーカー)を引ける

「kobo Touch」は・・・無理?



Sony Reader (PRS-G1)」は余白カット機能がある

「kobo Touch」には見当たらない・・・



「Sony Reader (PRS-G1)」は電子書籍を購入するときに逐一パスワードを要求する

kobo Touch」はワンクリックで購入できる



Sony Reader (PRS-G1)」は片手で操作しやすい

「kobo Touch」は片手では操作しにくい



「Sony Reader」はWi-Fiモデルで1万5000円前後

kobo Touch」は7980円



Reader Store」の電子書籍の品ぞろえは6万点

「koboブックストア」は約3万点(日本語)



Sony Reader (PRS-G1)」はオーディオブック(MP3他)が聴ける(イヤホン端子あり)

「kobo Touch」は・・・無理



「Sony Reader (PRS-G1)」はmicroSDカードスロットあり

「kobo Touch」もmicroSDカードスロットあり



細かいところの使い心地はさすが「Sony Reader (PRS-G1)」だなと思います。 特に片手で操作しやすいところは電子書籍端末としてはポイント高いです。 一方「kobo Touch」は価格のわりにはよくできてます。 性能的にはSony Reader (PRS-G1)とほぼ同じ。 電子書籍をワンクリックで買える手軽さも魅力です。  端末自体の価格が安いので「kobo Touch」は入門機として最適かもしれません。



でもね、まずは両者とも取り扱う書籍数をどんどん増やして欲しいです。 岡本太郎の本が一冊もないってどういうことよー(2012年7月19日現在)





その(2)へつづく





リンク さくら

楽天 kobo

楽天koboイーブックストア



関連記事 さくら これまた

SONYの電子書籍端末「Reader(PRS-G1)」を購入

本の整理整頓に「ScanSnap S500」

iPod touchを購入しました

折りたたんでコンパクトに持ち運べるAndroid タブレット「Sony Tablet Pシリーズ」

文庫本サイズのカラー電子辞書「Brain PW-A9200」












ジャンル: kobo