2013年12月27日

Haswell搭載、手のひらサイズのデスクトップPC「Diginnos Mini NUC-W5」レビュー(3) 〜起動時間、体感速度、消費電力、電気代、発熱、騒音などを確認




Diginnos Mini NUC-W5 と LHR-4BR80EFU3WR

Diginnos Mini NUC-W5 ドスパラ


ドスパラ「Diginnos Mini NUC-W5」をお借りしました。 Haswellを搭載した手のひらサイズデスクトップPCです(NUC規格)。  スペックはこんな感じ。 レビューその1その2からのつづきです。 



今回はOSの起動時間体感速度消費電力一年間にかかる電気代発熱騒音などを確認しました。 前モデルと比べて、処理能力はアップしてるのに、消費電力(通常10W以下)は低くなっていました。



詳細は以下より

 

 

OSの起動時間




電源を入れて、ウェブ閲覧が可能になるまでの時間を測定してみました。 上の動画はそのときの様子です。



結果

25秒以内 でした。



何度かテストしてみましたが、30秒以内には必ず起動しました。 高速スタートアップの影響をうけない再起動上動画の35秒以降は、通常の起動と比べると少し時間がかかります。 それでも35秒くらいで完了します。 速いです。



Windows 8レボリューション:第17回 素早い起動を可能にする「高速スタートアップ」 - @IT



体感速度


「エクスプローラー操作」「各ソフトウェアの起動」「ネット閲覧」「YouTubeのHD動画視聴」「写真編集(Photoshop)」「簡単な動画編集」など、どれもモタつくことはありませんでした。 メインPCとして問題なく使える性能です。



ちなみに私が今使っているメインPCと比べても、体感速度の差はあまり感じません。 細かなことをいうと、Photoshopで大きな画像を扱う場合、SSDの書き込み速度や、CPUのクロック周波数、コア数の違いからか、今使っているメインPCのほうがスムーズに感じました。 ←これはモニター(Cintiq)や、そのドライバーソフトが違うので厳密な比較ではありません。 環境を変えたら感想が逆転する可能性もなきにしもあらずです。




Diginnos Mini NUC-W5 CPU使用率100%

そしていつものように、このPCの限界を探るべく、動画をいくつも同時に再生してCPU使用率を100%にしてみました(上画像)。 結果は・・・



Windows7付属のサンプルHD動画(1280*720ドット)8つ同時再生でCPU使用率が100%に達しました。 動画はGOMPLAYERで再生しました。



グラフィック性能が高いので、もう少しいけるんじゃないかと期待したのですが、意外と伸びませんでした。 ただ、CPU使用率が100%に達した状態が続いても8つの動画再生は全部スムーズでした。



他のPCの体感速度

手のひらサイズの小型デスクトップPC「Diginnos Mini NUC」

デスクトップPC『Prime Magnate BL』

ドスパラ ゲームパソコン「GALLERIA HX(ガレリア HX)」

DELL、Windows8 タブレット「Latitude 10」

15.6インチワイド・スタンダードノートPC「HP Pavilion dv6-6100」

ハイスペックノートPC「HP ENVY 15-3000」 




消費電力


ワットチェッカーを使って Diginnos Mini NUC-W5 の消費電力を測定してみました



1) アイドル中 5〜6W 放置中のとき

2) ウェブ閲覧 約11W ページ読み込み時の一瞬

3) YouTube視聴中 7〜8W

4) ゲームのベンチマークテスト中 19〜24W CPU使用率18〜38%

5) CPU使用率100% 約24W



通常10W以下で駆動します。 デスクトップPCとは思えない消費電力です。 しかも前モデル「Diginnos Mini NUC」よりも電力効率のいい設計になってます。 すごい!



1年間の電気代


消費電力をもとに1年間の電気代を計算してみました。 消費電力は平均して7W程度、1日12時間使用すると仮定しています。 電気代の単価は電力料金目安単価の22円/kWh(税込)で計算します。 厳密に計算するのはできないので目安としてみてください。 1年間の電気代は以下のとおりでした。



7W × 12時間 × 1年間 = 30660W時間

1年間の電気代 約675円



その他のPCの電気代

各PCの1年間の電気代



発熱


マザーボードの温度が123℃と表示されてギョッとしたのですが、これは最初だけでした。 その後にCPU使用率100%状態で20分間動かし続けたのですが、60℃付近で安定してました。 123℃は表示のバグかもしれません



Diginnos Mini NUC-W5 温度

CPU使用率100%状態で20分間動かし続けた後に筐体表面の温度を計測してみました。 通気口は熱くなりますが、それ以外は常識的な温度に収まります。 季節も影響してるかもしれませんが、前モデル「Diginnos Mini NUC」は発熱がかなり気になりました。 しかし今回のモデルはその辺りは全く大丈夫です。



騒音


Diginnos Mini NUC-W5 ファンノイズ

常にファンが回る音がします。 しかしかなり静かな部類で「静音」と言ってもいいかと思います。 目の前に置いてもほとんど気になりませんでした。



スピーカーは内蔵されてません。 別途用意する必要があります。





その(4)へつづく

その1その2に戻る





リンク さくら

Diginnos Mini NUC-W5 ドスパラ


Diginnos Mini NUC シリーズ ドスパラ

NUC 関連製品 ドスパラ

デスクトップPC一覧 ドスパラ


メモリ(DDR3L SO-DIMM PC3-12800)

ドスパラで探す、 Amazonで探す、 楽天で探す、 価格.comで探す


mSATA接続 SSD

ドスパラで探す、 Amazonで探す、 楽天で探す、 価格.comで探す




リサーチリンク

デスクトップPC の ベストセラー、(NUCで検索) Amazon

デスクトップPC ランキング、(NUCで検索) 楽天

デスクトップパソコン 売れ筋ランキング、(NUCで検索) 価格.com



関連記事 さくら これまた

ドスパラ 手のひらサイズの小型デスクトップPC 「Diginnos Mini NUC」をお借りしました

Haswell搭載ゲームパソコン、ドスパラ GALLERIA HX(ガレリア HX)をお借りしました


【Windows8】ドスパラの14インチUltrabook「Note Altair F-11」をお借りしました。

ドスパラのデスクトップPC『Prime Magnate BL』を購入しました

12インチ・ノートPC「HP ProBook 5220m」のSSDを交換しました 〜容量80GB → 256GBへ 速度も少しアップしました


BUFFALO 外付けポータブルDVDドライブ「DVSM-PN58U2V」

LogicoolのBluetooth ワイヤレス スピーカー「Mini Boombox(ミニブームボックス)」レビュー

ロジテック 外付けHDD「LHR-4BR80EFU3WR」レビュー 〜RAID機能付き「外付けHDDケース」+「HDD×4個(8TB)」がセットになったハイエンドモデル









Crucial M500 mSATA 内蔵型 SATA6Gbps 120GB CT120M500SSD3
Crucial Technology (2013-04-20)

売り上げランキング: 4,667




Olasonic USBスピーカー バスパワー 10W+10W TW-S7(B)
東和電子 (2010-04-01)

売り上げランキング: 1,945




※ 実機をお借りしてレビューしています。 掲載料、広告料などはいただいてません。 記事の内容は私が実際に使ってみた個人的な感想です。 メーカーや第三者の指示は一切ありません。