2006年10月05日

プリンターを修理に出しました


 




「廃インクタンクが満タンになりかけています・・とかなんとか」のエラーが出るようになった我がプリンター(PIXUS 50i)がついに動作不能となりました。



よ〜し、新しいプリンターの物色開始だ! 

 

・・・と、その予定&勢いでしたが、予備で購入したまま使っていないインクが結構残っているのです。 金額にすると6000円強。 これはもったいない。 じゃあ修理するといくらかかるかと調べてみると、送料入れて8〜9000円ほど。 ウムムムム・・・悩ましい差額だ。



新しいプリンターを購入すると、予備用のインクを破棄(6000円)+プリンター代

修理すると8〜9000円ほど。



普通に考えると修理した方が安上がりなんですが、PIXUS 50iはモバイルプリンターという位置づけなのでインク代のコストが結構かかっていると思います(比較したことないのでないので詳しくはわかりませんが)。 私のプリンター使用量は月にA4用紙50〜70枚程度(たぶん)。 消費インクは年間で2万円ほど。 



追記

●年間のインク代は6〜7000円でした。 「2007年、1年間で消耗したインクカートリッジ」、「去年1年間(2008年)でインクカートリッジをいくつ消耗したのかを数えて、合計金額を計算してみました。」、「去年1年間(2009年)でインクカートリッジをいくつ消耗したのかを数えて、合計金額を計算してみました。





もし仮にこのあたりの普通のプリンターを購入してインクコストが1万円以内で済むようになれば、2年使えば元は取れて、3年目からは今よりも全然安く使える計算です。



でもインクジェットプリンターって3年使うと結構ガタがきますよね。 あと、普通のプリンターだと置き場所が限られてくるので目障りです(だから3年前に高い金だしてモバイルプリンターを買ったわけだし)



よ、よ〜し、、、やっぱり修理しちゃおう。



つづく



追記

■ プリンター、修理からの帰還 2006/10/09





関連記事

2007年、1年間で消耗したインクカートリッジ

去年1年間(2008年)でインクカートリッジをいくつ消耗したのかを数えて、合計金額を計算してみました。

去年1年間(2009年)でインクカートリッジをいくつ消耗したのかを数えて、合計金額を計算してみました。