2008年10月11日

「RamPhantom3」を購入しました




OS領域外のメモリをRAMディスクとして使用できるRamPhantom3を購入しましたので、そのレビューなど書いていきます。 

● これまでのお話




RAMディスク作成・管理ソフト「RamPhantom2」を購入してはや1年半。 これまで一切トラブルはありません。 そのおかげでほとんど空気のような存在になっていました。 あれが登場するまでは・・・。



あれ・・・



あれとはあれですよ!あれ! 32bit版WindowsでOS管理外のメモリをRAMディスクとして使える「Gavotte Ramdisk」 32bit版Windowsはメモリをいくら積もうとも3.2〜3.4GBまでしか利用できませんlink。 我がマシンにも4GBメモリが搭載してますが認識されているのは3.25GB。 のこり750MBは安らかに休眠中です。 その休眠中のメモリを「Gavotte Ramdisk」ってソフトはRAMディスクとして使えるソフトなんですよ! しかも無料、タダ、フリーウェアー! うわー、これは使ってみるしかないでしょう! と、思って情報収集してみたら、なにやら面倒くさそうな光景。



参考リンク

■ 32bit Windowsの管理外領域をRAM Diskに使う

■ Windows XPで4GBを超えるメモリを活用するRAMディスクソフトが話題に

■ 32bit版Windowsで12GBのRAMディスクをデモ中



「れじすとり」とか「ぱらめーた」とか直接いじるのって面倒クッサー・・・よし、わかった! あとでやる! なんて「決定」先延ばししたが最後。 気づいたら今日までなにもやってませんでした。 気にはなってたんだけどね。 常に情報収集してたし。



● RamPhantom3が華麗に登場




そんな状況の中、先日「RamPhantom3」が登場しました。 「Gavotte Ramdisk」と同じく、OS管理外のメモリをもRAMディスクとして使える機能付きですよ。 やった! 本命登場ですよ。 脇目も振らず、いや、ちょっと振ったけど即購入決定です。



■ アイ・オー、“RAMディスク”を作成する「RamPhantom LE」の最新版を無償公開



上記の記事はメモリ買った人にLE版を無償提供って話ですが、私の目当てはLE版ではなく製品版の「RamPhantom3」です。 LEとの違いは扱えるメモリ容量。 LE版は2GBまでしか扱えません。 製品版はその制限がなし。



● RamPhantom3 購入




RamPhantom3はネット販売のみで価格は2480円。 私は「RamPhantom2」を持っているので優遇版(アップグレードサービス)があるだろうと期待したのですが現時点ではないみたいです。 普通に2480円出して買えと。 あ、そう・・・。



RamPhantom3 <アイオープラザ> 販売終了

RamPhantomEX ベクター



なにか残念な気がしつつもここで諦めるわけもなくさっさと購入しました。 安いので、別にいいです。



このネットショップは会員登録しなきゃいけません。 入金の確認が済んだら会員ページよりソフトのダウンロードが出来るようになります。 先日入金してお知らせメールが来るはずの今日、まだメールは来てませんが、待ちきれなくて会員ページよりダウンロードしてしまいました。



● インストールは簡単。






会員ページよりソフトをダウンロードします。 「Ramp3_100.exe」というファイルが出来るのでこれをクリックして解凍。 解凍するとフォルダーが出てくるのでその中の「RamPhantom3.exe」をダブルクリックしてインストール開始です。 インストールが終わりPCの再起動をしたら完了です。 普通のソフトと同じ手順です。



注意点は事前に「RamPhantom2」をアンインストールしておくこと。



● 使い勝手は「RamPhantom2」同様




「RamPhantom2」同様に使い方はシンプルです。 タスクトレイに表示されているアイコンをクリックすると設定画面が出てきます。 まずはプロパティをクリック。





割り当てサイズや使用メモリの種類を選択。





バックアップの有無を選択。 私はPhotoshopの仮想ディスクに使用するだけなので「バックアップしない」を選択してOKボタンをクリック。





最後に「有効にする」をクリックして完了。





ローカルディスクとして認識されれば、あとは使い放題です。 設定はいつでもPCの再起動なしで変更できます。 詳細は 「RamPhantom2」とほぼ同じです。



● スタンバイ/休止/スリープなどは使えない?




ここにマニュアルがあるのですが、それによると



本ソフトウェアを使用中は、スタンバイ/休止/スリープなどの省電力モードにしないでください。本ソフトウェアは、省電力モードにおける動作保証をしておりません。 「本文より引用」



だそうです。 えーっ! それだと使い勝手悪いんですけど!!! 「RamPhantom2」はスタンバイや休止後もなんの問題もなく使えてましたよ!!



・・・と、ここで思い立ち「RamPhantom2」のマニュアルを見てみました。 すると上記と同じ文章が書いてありました。 あ!? どういうこと? アイ・オー・データにこのことを電話で聞いてみました。 それによると「保障しない」って話で、問題なく使える可能性もあるとのこと。 PC環境に左右されるみたいです。



私の環境では「RamPhantom3」使用中にスタンバイ/休止/スリープ状態にしても今のところは問題なく使えています。 問題がおきたらここに記載いたします。



追記

● 問題なく稼動しています。 快調です。 「iTunesのライブラリが壊れる」なんて不具合報告もあるようですが、私の環境ではそれはないですね。 2008/10/30


● アップデートプログラムが出てました。 私の環境ではなんの不具合もないけどアップデートしたほうがいいのかな? 2008/11/10


● CD−Rに音楽データ入れてる最中に突然再起動がかかりました。 3回やって3回再起動するのでこれはダメだ・・・と諦めて、何気にiTunesを起動したら「ライブラリが壊れてるがな」とのメッセージ。 いまさらキターーーー!! ・・・のかな? この現象がRam Phantom 3のせいなのかわかりませんが、一応アップデートしておきました。 2008/11/13





● 使い道




Photoshopの仮想記憶ディスクに使っています(link)。 使用メモリからはみ出すような大きなイラストデータファイルを開いてもすいすい作業をこなしてくれます。 もちろんRAMディスク全部使い果たすと途端にマッタリしますよ。



RAMディスクの容量は少ないのでこのままPhotoshopの仮想記憶ディスクにすると容量低下の警告が毎回出てうるさいのでこれを止めます。



ディスク容量低下の警告メッセージを表示しない − @IT



これで静かに使えます。



● まとめ




「れじすとり」とか「ぱらめーたせってい」とか面倒なことは一切いじらずに使えるところが手軽で良いです。 OS管理外で休眠中だったメモリも今元気に活躍中です。 得した気分。 我がHP xw4400はメモリを8GBまで搭載できるマシンです。 今は4GBしかメモリを搭載していませんが、行く行くは限界値の8GBを積んで約4.8GBのRAMディスクを作成しようと思います。



● おまけ




ベンチマークソフト「CrystalDiskMark 2.1.5」でHDDの速度を測ってみました。






さすがメモリ。 HDDとはスピードの桁が違います。


追記

メモリを6GBに増設しました。 2008/12/22

バッファローがラムディスク(RAMDISK)ソフトの無料ダウンロードを開始したけど・・・ 2009/06/11




追記

●いつのまにかRamPhantomが登場していました。 私が使用しているものがバージョン3ですので一気に4つもバージョンアップしています! なんだこれ!!と思って調べてみたら・・・「Windows7に対応しました」以外の違いがわかりませんでした。 


RamPhantom 7  ベクターPCshop


RamPhantom3を持っていれば、525円でRamPhantom7へアップグレードできるようです。

ioPLAZA:弊社ソフトウェア:RamPhantom7(32bit)アップグレード版


私はRamPhantom3でまったく問題がないのでしばらくこのまま様子見します。 2009/09/26





購入先

RamPhantom3 <アイオープラザ> 販売終了

RamPhantomEX ベクターPCshop



関連記事

■ メモリ増設(4) RAMディスク作成・管理ソフト「RamPhantom2」を購入しましたので使用感やレビューなどを少々

■ ニューマシン「HP xw4400/CT Workstation」到着

■ アイ・オー・データのUSB外付けハードディスク 「HDCN-U」1TBを購入しました


PR

eBoostr 3 Professional Vista搭載PCのパフォーマンスを向上するソフト






ジャンル: ソフト関連の話