2009年11月08日

LED AQUOS「LXシリーズ」を体験してきました。 その3 音質へのこだわり


 

 AQUOS画像 <表示されないときはブラウザで更新または再読み込みしてください

LC-46LX1 製品情報


シャープの液晶テレビ「AQUOS」。 そのフラグシップモデルとなる「LXシリーズ」(2009年11月発売予定)の体験イベントへ参加してきました。 LEDバックライト&新開発液晶のすごさをたっぷり堪能してきましたので、そのときの様子などをレポートいたします。 その1その2よりつづきです。 今回は音質へのこだわり編です。




----------------------------

みんぽす

このレビューは「みんぽす」の無償イベントに参加して書かれています。(詳細は末尾で)

----------------------------



詳細は以下より 

●音質を体験



高画質な映像を堪能した後は、音質の違いを体験しました。



 画像 <表示されないときはブラウザで更新または再読み込みしてください

まずは主役であるLXシリーズ「LC-52LX1」から。 



そのときの映像は著作権の関係で写真には撮れませんでした。 私の記憶が正しければ、女性ボーカルが一人、ウッドベースが一人の音楽映像でした。 



・・・ふむふむ・・・、うん、良い音ですねー。 ウッドベースの低音もよく出てますし、女性の声も伸びがあって美しいー。 でもそれ以上の感想が出てきません。 良い音だけど、こんなもんじゃないですか?という感想でした。



次に写真右隣にある「LC-52DS6」の音質を体感してみます。 音楽映像は同じです。



・・・ふむっ!?・・・えっーーー!!! 全然違うーー!! 参加者から「寂しいなあ(笑)」「ベースが帰っちゃったんじゃね?」と感想が漏れてきます。 比べると違いがハッキリわかります。 低音スカスカ。 あああ、そうだ、これがテレビの音質だ。  ここまで違いがわかると面白いです。 思わず笑えます。 でもこれが普通のテレビの音ですよ。



写真左にある「LC-52GX5」は結構良い音で、座る位置によっては「LC-52LX1」と良い勝負をしていました。 ただし、比べるとやはり・・・なんですけどね。



この音質の違いを生んだのは「ARSS」と新開発の「DuoBass」のおかげのようです



 

●ARSS(Around Speaker System)



 画像 <表示されないときはブラウザで更新または再読み込みしてください

ARSS(アラウンドスピーカーシステム)とは、液晶画面の真ん中から音が聞こえるようにしたスピーカー配置法の名称です。 AQUOS「LXシリーズ」では左右に2つづつ、中央とその下部に1つづ、計6つのスピーカーを配置してます。 説明を聞くだけでは簡単そうに感じますが、薄型液晶テレビなので内蔵する場所の確保に苦慮したようです。



ARSSだと液晶画面の真ん中(映像)から音が聞こえるので、音と映像に一体感が生まれます。 実際に体験したときもそう感じました。



映画館もセンタースピーカーを採用して映像から音が出ているように感じさせる工夫をしているみたいです。 そこに近づけたいとの思いでこのシステムを開発したようです。



LC-52GX5も良い音だったなあと思って後で確認したら、こちらもARSSを採用しているんですね。 納得。



そしてもうひとつの要、新開発の低振動ウーハー「DuoBass」。



 

●DuoBass



 画像 <表示されないときはブラウザで更新または再読み込みしてください

液晶裏、真ん中下の部分に搭載されたDuoBass


パワフルな低音を出すにはウーハーが欠かせません。 しかしウーハーは非常に振動しますので、硬い木の箱などに入れてがっちり抑えるのが普通です(高級オーディオではね)。 ですので省スペースである薄型液晶テレビにウーハーを搭載するのは非現実的でした。 しかしパワフルな低音は欲しい。



そこで



2つのウーハーを隣り合わせに配置してお互いの振動を相殺させてみようと考えたそうです。



 画像 <表示されないときはブラウザで更新または再読み込みしてください

それが「DuoBass」。 1つじゃなく2つ搭載。 振動を相殺させるなんてコロンブスの卵だな!って思いました。



実際に通常のウーハーとDuoBassで音を出して、振動具合を確かめてみました。



 画像 <表示されないときはブラウザで更新または再読み込みしてください

左が通常のウーハーユニットです。 見事な低音と振動です。 テーブルごと振動しています。 穴から出る空気が震えていました。 お前はエンジンかよ!ってな存在感でした。



左がDuoBass。 同じ音量なのにほとんど振動なし(微かに振動はしてました)。 存在感なし! 私はオーディオにあまり詳しくないのですが、これ革命的なんじゃない? って思いました。



低振動なので薄型液晶テレビ「LXシリーズ」への搭載が可能。 そして実際にあんなにパワフルな低音が再現できています。 何気にすごい。



もしかして「LC-52GX5」との音質の違いは、このDuoBassの有無なのかな?と想像してみました。



その4へつづく



リンク

薄型テレビ/液晶テレビ アクオス シャープ

アクオス LXシリーズ シャープ 製品情報


AQUOS LXシリーズ Amazon

AQUOS(アクオス)LXシリーズ 楽天



関連記事

LEDバックライトを採用した省電力24型フルHD液晶ディスプレイ「W2486L」(追記アリ)

ウォークマン「NW-A840シリーズ」の体験イベントへ参加してきました

カシオのコンパクトデジカメEXILIM「EX-Z450」の体験イベントに参加してきました

日本HP個人向けPC新製品発表会へ行ってきました

録画も出来る防水ポータブルテレビ(ワンセグ)をお借りしました。

Cintiq 21 UX



----------------------------

このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたイベントに参加して書かれています。 本イベントへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)。本イベントに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

----------------------------