2009年12月08日

「HP Mini 110 by Studio Tord Boontje」レビュー その2 ベンチマーク計測など


 

 HP Mini 110 by Studio Tord Boontje画像 <表示されないときはブラウザで更新または再読み込みしてください

日本HP Mini 110 by Studio Tord Boontje


日本HPのネットブック「HP Mini 110」。 その冬モデルのひとつ「HP Mini 110 by Studio Tord Boontje」をお借りしました。 いろいろ触ってレビューしています。 その1からのつづきです。



今回は(1)最初に行った作業、(2)体感速度のメモ、(3)起動時間、(4)ベンチマークを計測しています。



詳細は以下より 

●最初に行った作業



 画像 <表示されないときはブラウザで更新または再読み込みしてください

Windows7を搭載したPCを自宅で使うのは初めてです。 どんな感じなのかなあって、期待しながらHP Mini 110 by Studio Tord Boontjeを起動してみました。  そしたら・・・



なんか重い・・・



特にIE(インターネットエクスプローラ)は画面表示が遅いです。 他にもファイル操作する度にバックグラウンドでなにか得体の知れないものが動いているようなモッサリ感です。 ノートン先生(セキュリティソフト)が標準で入ってるのですがそのせいかな?(この先生はネットブックには重いんじゃないかなあぁ) はたまた、貸出機ですので、前に使ってた人が無茶をしててそれが原因で遅くなっている可能性も考えられます。



そこでまずリカバリ作業で工場出荷時の状態に戻しました。 リカバリするにはHP付属のソフト「Recovery Manager(画像リンク)」を使えば簡単に行えます。 CDなどは必要ありません。 このソフトは秋モデルには付属してませんでしたよね??



リカバリ後・・・

ノートン先生(セキュリティソフト)をアンインストール。 代わりにマイクロソフト製、無料セキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」をインストールしました。 ブラウザにはGoogle Chrome。 ついでに「Google 日本語入力」もインストールしました。 他には・・・



Schedule Watcher(スケジュールソフト)

TeraPad (シンプルなテキストソフト)

iEdit (アイデアプロセッサ)

WinShot (スクリーンキャプチャソフト)



・・・などをインストールしました。



 

●体感速度



上記のようにインストール(&アンインストール)作業をした後は、状況が一変。 テキパキと動作するようになりました。 非常に快適です。 ファイル操作やブラウジングはWindowsXPと同じくらいに感じます(体感)。




これだったらWindowsXPから乗り換えても大丈夫です。 ただし、IEはやっぱり遅いです。 セキュリティソフトやブラウザは最初の設定でいくつかの選択肢の中から選べるようになってほしいなあ。



OSはWindows 7 Starter、CPUはAtom N280です秋モデルと同じです。 Atom N280はシングルコアですが、ハイパースレッディング・テクノロジー(仮想デュアルコア)が実装されていますので、タスクマネージャー上ではCPUが2つ見えます()。 



YouTubeの動画再生はスムーズに行えます。 HD画質だとコマ落ち、カクカク再生でした。 テストはこの動画で行いました→「YouTube - iVIS HF21/HF S11:TVCM「動いても顔キレイ篇」」。



 

●起動時間



「OS起動 →Google Chrome起動 →トップページ表示」までにかかる時間は約1分19秒〜1分49秒でした。 秋モデルは(WindowsXP)約41秒〜1分7秒でしたので、それと比べると少々遅くなっています。 しかし秋モデルはSSD搭載モデルでしたので、HDD搭載モデルのわりには結構頑張っている速度だと思います。



 

●ベンチマーク



 画像 <表示されないときはブラウザで更新または再読み込みしてください

クリックで拡大できます


スコアはこんな感じです。 ネットブックですのでグラフィック性能は高くありません。 ではベンチマークを計測してみます。



 画像 <表示されないときはブラウザで更新または再読み込みしてください   画像 <表示されないときはブラウザで更新または再読み込みしてください  画像 <表示されないときはブラウザで更新または再読み込みしてください

左から「CrystalDiskMark」、「CrystalMark 2004R3」、「HDBENCH」。 これらのソフトで計測しました。 画像はクリックで拡大できます。 連続読み込みが約80MB/s、連続書き込みが約70MB/s程度です。 これは数年前の省スペースデスクトップマシン並の速度です。 これだけの速度が出てたら合格なんじゃないでしょうか。 つーか、夏にお借りしたネットブック(HDD搭載機)よりもさらに高速になってますね。



他のネットブックのベンチマーク

VAIO W ベンチマーク

Lenovoのネットブック「IdeaPad S10-2」 ベンチマーク

「HP mini 110」秋モデル ベンチマーク



 HDD画像 <表示されないときはブラウザで更新または再読み込みしてください

コンピュータを覗くとCドライブとDドライブが見えます。 Cドライブはユーザーが自由に使える領域です。 現在、約210GBの空きがあります。 ネット閲覧&メール返信マシンとして、またはサブマシンとしては十分の容量だと思います。 Dドライブはリカバリー領域です。 Dドライブにはアクセスできません。



その3へつづく

その1に戻る



リンク とくみつ録どれどれ HP Directplus

日本HP Mini 110 by Studio Tord Boontje 製品情報

HP mini110 純正オプションicon バッテリーなど


日本HP 個人向けノートPC ラインアップicon

HP Directplusicon 日本HPの直販サイト

HP DirectPlus 楽天市場店Yahoo!店


HP Mini 110 by Studio Tord Boontje Amazon

HP Mini 110 by Studio Tord Boontje 楽天で検索

HP Mini 110 by Studio Tord Boontje ヤフーショップで検索

HP Mini 110 by Studio Tord Boontje ヤフーオークションで探す



関連記事

日本HP個人向けPC新製品発表会に行って来ました。 その2 ネットブック編

女性をターゲットにしたミニノートPC「HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition」をお借りしました。 その1

日本HPのネットブック「HP mini 110」をお借りしました

Lenovoのネットブック「IdeaPad S10-2」をお借りしました。

ソニー初のネットブック「VAIO W」をお借りしました。