2010年02月23日

Let'snote(レッツノート)2010年春モデルの製品説明会へ行ってきました(5) 「F9」シリーズ



Let'snote(レッツノート)2010年春モデル「F9」シリーズ

「F9」シリーズ マイレッツ倶楽部


2月11日、パナソニックのノートPC、Let'snote(レッツノート)2010年春モデル「9」シリーズの製品説明会に行ってきました。 そのときの様子を何回かに分けてレポートいたします。 その1その2その3その4よりつづきです。



今回は14.1型ワイド液晶を搭載した「F9」シリーズを中心にレポートいたします。 



詳細は以下より 

●14.1型ワイド液晶を搭載した「F9」シリーズ



Let'snote(レッツノート)2010年春モデル「F9」シリーズ

「F9」シリーズ マイレッツ倶楽部


レッツノート春モデルの中で一番大きなモデルが14.1型ワイド液晶を搭載した「F9」シリーズです。 CPUやメモリ搭載量などの基本性能は「N9」「S9」シリーズと同じです※1。 重量は約1.63キロ。 14.1型ワイド液晶搭載ノートPCとしては軽量な部類です。 堅牢性の高さは他のシリーズ同様です。 反面、価格が高い(マイレッツ倶楽部価格21万7450円〜)、液晶の視野角がわりと狭い、と言ったウィークポイントがあります。



※1

CPU: Corei5-540M (店頭販売モデルはCorei5-520M

メモリ: 標準2GB(最大4GB)

HDD: 500GB

光学式ドライブ: スーパーマルチドライブ内蔵



Let'snote(レッツノート)2010年春モデル「F9」シリーズ

拡大図はこちら


会場の様子と「F9」シリーズ。



 

●「F9」シリーズの特徴は前面にある取っ手。



Let'snote(レッツノート)2010年春モデル「F9」シリーズ


Let'snote(レッツノート)2010年春モデル「F9」シリーズ Let'snote(レッツノート)2010年春モデル「F9」シリーズ

拡大画像()(


取っ手のおかげでカバンに入れずにそのまま楽に持ち歩けます。 上図の()()のは裏面から見た図です。 正面を確認したい人はこちらをどうぞ →「「F9」シリーズ 外観 マイレッツ倶楽部」。 展示品はPOPが付いてて正面から撮影できませんでした。 



Let'snote(レッツノート)2010年春モデル「F9」シリーズ

拡大図はこちら


前モデルから進化した部分は4つ(CPUなどは除外)

1)バッテリーの大容量化(バッテリー駆動時間、約8〜9時間

2)LEDバックライト採用

3)液晶解像度のアップ

4)軽量ドライブを採用



Let'snote(レッツノート)2010年春モデル「F9」シリーズ

拡大画像はこちら


Windows7の「パフォーマンスの評価」を表示してみた図。 性能的には「N9」「S9」シリーズとほぼ同じです。 「N9」シリーズの「パフォーマンスの評価」はこちら 「F9」シリーズの方がグラフィック性能が若干劣ってますが、これは「F9」の液晶解像度が大きいせいかもしれません。



 

●キーボードチェック



Let'snote(レッツノート)2010年春モデル「F9」シリーズ Let'snote(レッツノート)2010年春モデル「F9」シリーズ

拡大画像()(


本体が大きいので、さすがにキーボード周辺は広いです。 少ししか打ってませんが、キーの打ち心地も良かったです。 よく見ると右shift付近は「R9」や「S9」「N9」シリーズとはキーボード設計の思想が違うように見えます(「S9」のキーボード)。 なんなんでしょうか、この違いは? ちょっと気になります。 あと全シリーズに共通してますが、左下の「Fn」キー「ctrl」キーの位置はこれで良いんですか? 私は逆の配列に慣れているんですけど(気にしてるのは私だけですか?)



「S9」「N9」シリーズのキーボード

「R9」シリーズのキーボード



 

●ACアダプターの端子はL字型



Let'snote(レッツノート)2010年春モデル「F9」シリーズ

拡大画像はこちら


ACアダプターの端子はL字型でした。 場所的にも邪魔になりません。 ACアダプター自体の写真を撮るのを忘れてしまいましたが、「R9」シリーズと同じものに見えました(←確証はありません)。



 

●性能重視ならマイレッツ倶楽部で購入するのがベター



Let'snote(レッツノート)2010年春モデル製品説明会「S9」「N9」

レッツノート直販サイト - マイレッツ倶楽部

Let'snote(レッツノート)2010年春モデル製品説明会「S9」「N9」 Let'snote(レッツノート)2010年春モデル製品説明会「S9」「N9」

拡大画像()(


店頭販売モデル(左図)とレッツノート通販サイト「マイレッツ倶楽部」モデル(右図)との違い。 CPUや、搭載メモリ、天板カスタマイズ可否などが違います。 もちろん「マイレッツ倶楽部」モデルの方が性能は上です(たぶん価格もね!)。



あと、なにげに店頭販売モデルのがWindows 7 Professional 32bit版なのに対し、マイレッツ倶楽部のモデルは64bit版となってます。 今後は64bit版が主流となってくるハズですので、ここもチェックポイントになると思います。 性能重視ならマイレッツ倶楽部で購入するのがベターだと思います。



以上、Let'snote(レッツノート)2010年春モデルの製品説明会のレポートでした。



 

●感想など



Let'snote(レッツノート)2010年春モデルの製品説明会へ行ってきました

CF-R1(2002年3月発売)


ネットブックCULVノートPCなどの低価格競争に押されて、こういうハイエンドノートPCは厳しいんじゃないかなあと勝手に思い込んでたのですが、イベントではまったくそんな雰囲気は感じませんでした。 それどころか中の人のお話によると30万円を超えるハイエンドなモデルが一番売れたそうです。 なにそれ? どんな客層なのさ(笑) すげーよ、レッツノート。



とはいえラインナップを見る限り、選択と集中が進んでいるように感じましたので、けしてウハウハな状況ではないと思いますけどね・・・意外とウハウハだったりして(笑) イベント自体はお客さんが多くて非常に盛り上がってました。 PC業界は「低価格路線」へ、一極化していると思ってたのですが、レッツノートみたいに「高級、高性能、高付加価値路線」側も元気なようです。 ほっとしました。 順調に2極化が進んでいるようです。(了)



その1へ戻る

「S9」「N9」シリーズのレポートへ移動

「R9」シリーズのレポートへ移動



リンク doredore画像名

「F9」シリーズ マイレッツ倶楽部

レッツノート直販サイト - マイレッツ倶楽部

レッツノート お得なキャンペーン情報


Let'snote(レッツノート) Amazon

Let'snote(レッツノート) 楽天

Let'snote(レッツノート)  Yahoo!ショッピング

レッツノート関連 Yahoo!オークションで検索



関連記事 doredore画像名

Lenovoのネットブック「IdeaPad S10-2」をお借りしました。

「HP Mini 110 by Studio Tord Boontje」レビュー

「HP Pavilion Desktop PC e9290jp/CT 冬モデル」レビュー

ソニー初のネットブック「VAIO W」をお借りしました。


録画も出来る防水ポータブルテレビ(ワンセグ)をお借りしました。

パナソニックの充電器(K-KJQ91M34C)を購入

パナソニックのデジタル一眼カメラ 「LUMIX DMC-G1」購入