2010年02月28日

ハイスペック・デスクトップPC「HP Pavilion Desktop PC e9380 春モデル」レビュー



「HP e9380jp」

日本HP HPE/e9000シリーズ 春モデル


日本HP(ヒューレット・パッカード社)から発売されている、個人向けデスクトップPC「HP Pavilion Desktop PC e9380 春モデル※1」をお借りました。 「HPEシリーズ」の登場により、ハイエンドモデルではなくなった「e9000シリーズ」、どんな位置づけになったのか調べてみたら「ミニタワー型ハイスペックモデル」だそうです。 「ハイスペックPCが欲しいけど、価格はなるべくリーズナブルなものが良い」という人向けのモデルとなっています。 同時にお借りしているフラッグシップ・ノートPC「HP Pavilion Notebook PC dv7 春モデル」と比べながらレビューしてみたいと思います。

※1 以降、「HP e9380jp」と表記します



目次

1) これはなに?

2) スペック確認ベンチマーク計測最初に行った作業

3) 外観内部チェック

4) キーボードマウスチェック

5) 起動時間

6) 消費電力を計測して電気代を算出、騒音チェック

7) 感想まとめ

 




詳細は以下より 

●なにこれ?



日本HP(ヒューレット・パッカード社)から発売されているデスクトップPCです。 名前は「HP Pavilion Desktop PC e9380 春モデル」。 「e9000シリーズ」のひとつです。 長い名前なので「HP e9380jp」と省略可能。



「HP e9380jp」

冬モデルまでは「e9000シリーズ」が個人向けデスクトップPCのフラグシップモデルであり、ハイエンドPCという位置づけでした。 しかし「HPEシリーズ」の登場によりハイクラスPCへと一段ランクが下がりました。 とはいえ性能が下がったわけではありません(上がったわけでもないけど)。 



 

●スペック確認



どんな構成なのかスペックを確認してみます。



 「HP e9380jp」画像 <表示されないときはブラウザで更新または再読み込みしてください

詳しいスペックはこちらをどうぞ →「日本HP e9380jp/CT 春モデル−スペック


前回お借りした「HP e9290jp 冬モデル」は

OS: Windows 7 Home Premium(64bit版)

CPU:「Core i7」(4コア8スレッド)



という構成でしたが、今回お借りした「HP e9380jp 春モデル」は・・・



「HP e9380jp」 「HP e9380jp」

拡大画像はこちら(左図)(右図


OS: Windows 7 Home Premium(32bit版)

CPU:「Core i5」 (4コア4スレッド)



・・・でした。 もちろんこれは日本hpのオンラインストア「hp directplus」で購入するときはBTOで「i7」に変更可能です。 同時にOSやHDD、メモリなども選び放題です。 64bit版のWindows 7も選択可能です。



いやしかし、今回3台ほぼ同時にお借りしてますが、すべて32bit版のWindows 7です。 なにか意図があるんでしょうか。 もしかして32bit版の方が売れてるのかな?



「HP e9380jp」

32bit版の「Windows 7」ですので、PDFファイルのサムネイルもきちんと表示されます。 64bit版ではこれが表示されませんでした。 →「Windows7(64bit版)の使い心地



「HP e9380jp」

HDDの容量は500GB。 初期状態でユーザーが使用できるのは約439GBです。 (D)ドライブにはリカバリー作業などに必要なデータが格納されています。



 

●ベンチマーク計測



「HP e9380jp」

拡大図はこちら


上図は「HP e9380jp」のパフォーマンスの評価です。 Core i7を搭載した「HP dv7」よりもプロセッサのスコアは上です。 →「「HP dv7」パフォーマンスの評価」。 クロック周波数の差でしょうか? HDDや他のベンチマークも計測してみました。



「HP e9380jp」 「HP e9380jp」 「HP e9380jp」

クリックで拡大できます


左から「CrystalDiskMark」、「CrystalMark 2004R3」、「HDBENCH」です。 なかなか興味深い結果になりました。 HDDのベンチマーク結果だけ見るとSSDを搭載した「HP dv7 春モデル」に負けてますが、「CrystalMark 2004R3」や「HDBENCH」で計測した全体的なスコアは「HP e9380jp」の方が上でした。 CPU、グラフィク関係、メモリのスコア、ほぼすべての数値で上回ってます。 なるほど、デスクトップPCの存在意義を確認いたしました。 よくみたら「HP e9290jp/CT 冬モデル」よりもHDD性能が上がっているかも



他のPCのベンチマーク結果

13.3インチワイド液晶、フルメタルボディ「HP Pavilion Notebook PC dm3i 春モデル」

フラッグシップ・ノートPC「HP Pavilion Notebook PC dv7 春モデル」

省スペースで高性能なデスクトップPC「HP Pavilion Desktop PC s5250jp」

「HP e9290jp/CT 冬モデル」

タッチパネル搭載、液晶一体型PC「HP TouchSmart 300PC-1050jp」

ネットブック「HP Mini 110 by Studio Tord Boontje」

Lenovoのネットブック「IdeaPad S10-2」



動画編集をしたときの体感速度などは、また後ほどじっくり確認いたします。



「HP e9380jp」

拡大画像はこちら


フリーウェア「Speccy」を使ってPCのシステム情報を表示してみた図。



 

●最初にした作業



「HP e9380jp」

貸出機ですので、一応念のために「Recovery Manager(リカバリーマネージャ) 画像リンク」を使って、「コンピュータを工場出荷時の状態に復元」しました。 作業は数クリックで完了しますので簡単です。 (D)ドライブにイメージがインストールされてますのでCDは必要ありません。 10分ほどで作業は終了しました。



リカバリ後・・・

ノートン先生(セキュリティソフト)をアンインストール。 代わりにマイクロソフト製の無料セキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」をインストールしました。 ブラウザにはGoogle ChromeFirefoxを、おまけで「Google 日本語入力」もインストールしました。 他には・・・



WinShot (スクリーンキャプチャソフト)

Google Earth

XMind (マインドマップ作成ソフト)

iVIS(アイビス) HF M31に付属してた動画編集ソフト



・・・などをインストールしました。



その2へつづく



リンク doredore画像名

日本HP HPE/e9000シリーズ 春モデル

ただいま実施中のキャンペーンはこちら(デスクトップPC)

HPEシリーズ 春モデル ハイエンド・デスクトップPC





関連記事 doredore画像名

13.3インチワイド液晶、フルメタルボディのスタイリッシュ・ノートPC「HP Pavilion Notebook PC dm3i 春モデル」レビュー

日本HPのフラッグシップ・ノートPC「HP Pavilion Notebook PC dv7 春モデル」レビュー

省スペースで高性能なデスクトップPC「HP Pavilion Desktop PC s5250jp」レビュー

タッチパネル搭載、液晶一体型PC「HP TouchSmart 300PC-1050jp」レビュー

「HP Pavilion Desktop PC e9290jp/CT 冬モデル」レビュー

「HP Mini 110 by Studio Tord Boontje」レビュー

Let'snote(レッツノート)2010年春モデルの製品説明会「S9」「N9」シリーズレポート

ワークステーション「HP xw4400/CT Workstation」到着



リサーチリンク

デスクトップPC ベストセラー Amazon

デスクトップPC ランキング 楽天

デスクトップパソコン 売れ筋ランキング 価格.com










ジャンル: ■ PC本体