2010年04月24日

3D BRAVIA(ブラビア)の体験イベントに参加してきました


 

3D BRAVIA (ブラビア)

3D BRAVIA 〈ブラビア〉 ソニー


本日、「3D BRAVIA(ブラビア)」の体験イベントに参加してきました。 今年盛り上がっている3Dテレビですよ。 それをSONY本社ビル内で実際に視聴してきました。。 その時の様子や開発秘話などを数回にわけてレポートいたします。



※このレビューは「みんぽす」の無償イベントに参加して書かれています。(詳細は末尾で)



詳細は以下より 

●イベントに参加するため品川へ



3D BRAVIA (ブラビア)

2010年4月24日、天気は晴れときどき曇。 気温はわかりませんがジャケット一枚で過ごせる春らしい陽気でした。 14時頃、山手線内で人身事故がおきて、山手線、京浜東北線が全線ストップというハプニングに巻き込まれつつも、15時現地集合にはなんとか無事間に合いました。



3D BRAVIA (ブラビア)

ソニー本社ビルに無事に到着した図。 



●これは何?



3D BRAVIA (ブラビア)

3D BRAVIA(ブラビア)」。 SONY(ソニー)より6月から順次発売が予定されている3Dテレビです。 3D映像は映画「アバター」などで話題になりましたよね。 その3D映像が自宅でも楽しめるテレビです。



特徴は・・・

1)普通のテレビとして使用できます。

2)3D映像を楽しむにはメガネが必須です。

3)普通(3D非対応)の地デジや映画なども3D映像で楽しめます



(1)地デジやBS、Blu-ray Discなどハイビジョン映像などを普通に楽しめます。 というか、すごい綺麗な画質でしたよ(フィギュアスケートの映像しか観てないけど)。

(2)ハイビジョン映像のまま3D(立体)映像が楽しめます。 今回の「3D BRAVIA(ブラビア)」はここにこだわったようです。 ただし3D映像を楽しむには専用のメガネが必須です(LX900シリーズには2つ付属してます)。

(3)3D非対応の映像(普通のテレビや映画、ゲームなど)もボタン一つで3D映像として楽しめます。 しかしこの場合、3D専用に制作された映像(コンテンツ)よりも立体感は劣ります。



●実際に体験してどうでした?



3D BRAVIA (ブラビア)

今回体験したのは「KDL-52LX900」です。 実際に3D(立体)映像を見て私が感じたことは3つ



1)3D(立体)映像が綺麗!

2)きちんと3D(立体)になってて面白い

3)メガネはやっぱり邪魔かな(笑)



(1)今回の BRAVIA(ブラビア)は3Dではない普通の映像がかなり綺麗でした。 そして3Dメガネをかけても輝度(明度)にほぼ変化がなく、綺麗な映像のまま3D(立体)映像を楽しめました。 かなり良いよ、これ!

(2)違和感なく3Dになってて面白い! これでゲーム楽しみたいなあー。 つーか、今年2月に映画館で見た「アバター」(XpanD方式)よりも断然綺麗な色彩と立体感でした。

(3)私の顔はデカイです。 さらにメガネをかけてます。 私のデカイ顔でも新開発されたメガネフレームにより、思いのほかジャストフィットしました。 しかしメガネの上から3Dメガネをするのは少々というか若干というか、やはり邪魔ですね。



3D BRAVIA (ブラビア)



●現段階での課題 &フォロー



3D BRAVIA (ブラビア)

映画「アバター」の大ヒットをうけて、やたら3D映画(テレビ)が持ち上げられている今日この頃ですが、家庭(自宅)で3D(立体)映像を見たいと思う人がどのくらい存在するんでしょうか? 私は3Dテレビの盛り上がり方については少々懐疑的に見つめています。 そんな私が今回「3D BRAVIA(ブラビア)」を体験してみて「ここは今後の課題だろうなあ」と感じたところは2つ。



1)メガネ

2)コンテンツ不足



(1)上記した通り頭へのフィット感はすばらしかったのですが、メガネの上から3Dメガネをするのは邪魔です(私感)。 関係者のお話ではメガネなしで体験出来る3D映像も研究段階ではあるようです。 しかし現時点では(メガネなし3D映像は)画質が犠牲になるのが課題だと言ってました。

(2)現段階は3Dのコンテンツはありません。 「3D BRAVIA(ブラビア)」は6〜7月に発売が予定されてますので、その頃にはいろいろ出揃うかもしれませんが、しばらくは3D機能はおまけ的でしょうね。 映画「アバター 3D」がBlu-ray Discで発売されたら爆発するでしょうか?



・・・とかなんとか言いつつも

関係者にお話を聞いてたら少々考えが変わったのでフォローします(以下は直接聞いた話ではなく私の考えです)。



「3D(立体)映像は、今の主流である2D映像(地デジ、映画など)を駆逐する存在ではない」と考えると今回の「3D BRAVIA(ブラビア)」は実に理にかなった商品だと思いました。



日常的には2D(地デジや映画など)映像を視聴して、たまに味わうイベントとして3D映像を楽しむ。



こんな風に捉えると、3Dメガネも「気分を盛り上げる儀式のひとつ」として受け入れられるなと思いました。 邪魔だなと感じたメガネも2〜3時間くらいの使用でしたら苦にならないと思います。 いや、3時間は厳しいかな(笑)



ちなみに

価格は今回体験した52型の「KDL-52LX900」で43万円前後です(店頭予想価格)。



次回はBRAVIA(ブラビア)開発秘話などをレポートいたします。



その(2)へつづく



リンク とくみつ録どれどれ

KDL-52LX900 BRAVIA 〈ブラビア〉 ソニー

臨場感あふれる3D対応やモノリシックデザインなど液晶テレビ〈ブラビア〉新シリーズ プレスリリース

ソニー、“本物の3Dへ”。3D BRAVIA 3シリーズを発売 -AV Watch



関連記事 とくみつ録用これまた

LED AQUOS「LXシリーズ」を体験してきました。

「VAIO Lシリーズ」をお借りしました

ソニー初のネットブック「VAIO W」をお借りしました。

ウォークマン「NW-A840シリーズ」レビュー

望遠でも強力に手ブレ補正してくれるHDビデオカメラ「iVIS(アイビス) HF M31」レビュー



アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2010-04-23)

売り上げランキング: 2




エルゴトロン LXデスクマウントLCDアーム(シルバー) 45-179-194 45-179-194
エルゴトロン

売り上げランキング: 3562

おすすめ度の平均: 4.5
5 机を買い換えるよりはずっとお得

5 すごくいいです。

5 満足です。

3 お辞儀します

5 かなりの優れもの




----------------------------

このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたイベントに参加して書かれています。 本イベントへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)。本イベントに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

----------------------------






ジャンル: ■ 家電 , モノフェローズ