2010年04月26日

ハイエンドすぎるモバイルノートPC「 VAIO Zシリーズ 」をお借りしました



VAIO Zシリーズ

VAIO Zシリーズ ソニー


ソニーから発売されているハイエンドモバイルノートPC「VAIO Zシリーズ」をお借りました(型番:VPCZ11AFJ)。 13.1型ワイド液晶(1920×1080ドット)を搭載、天板カラーは「グロッシープレミアムカーボン」。 ゴージャスな外観とスペックにクラクラしながら、これから数回にわけてレビューしていきます。



目次

1) これはなに?

2) スペック確認ベンチマーク計測最初に行った作業

3) 外観キーボード周辺をチェック

4) 起動時間や体感速度液晶周りをチェック

5) バッテリー駆動時間消費電力を計測電気代を算出

6) 発熱騒音チェック

7) 雑感、PMBを使ってみた、不具合など

8) まとめ

 



※このレビューは「みんぽす」の無償商品貸出しを利用して書かれています。(詳細は末尾で)



詳細は以下より 

●これはなに?



SONY(ソニー)から発売されているノートパソコンです。 名前は VAIO Z (型番:VPCZ11AFJ)。 



VAIO Zシリーズ

13.1型ワイド液晶を搭載、光学ドライブ内蔵、購入時にユーザーが選んだ構成によってはデスクトップPCにも負けないパフォーマンスを発揮する万能型ノートPCです。



VAIO Zシリーズ  商品の特長 ソニー



VAIO Zシリーズ はユーザーの予算や好みにあわせて、天板の種類やキーボード、内部構成などをソニーの直販サイトSonyStyleでいろいろ選べます。 ですので、価格も最小構成で14万9800円から、最上級のものは約40万円と、か・な・り・差があります。



VAIO Zシリーズ SonyStyle



今回お借りしたものは天板カラー「グロッシープレミアムカーボン」で、構成は VAIO Zシリーズ の中でも最上級のものです。



各メディアのレビュー記事

【Hothotレビュー】 ソニー「VAIO Zシリーズ」 〜モバイル性とスペックを極限まで向上

速い。とにかく速い。「VAIO Zシリーズ」 - Sony FAN

向かうところ敵なし!?:“豪華すぎる”モバイルノート「VAIO Z」を徹底検証する(前編) (1/5) - ITmedia +D PC USER

【連載リレーコラム】買い物山脈 ソニー「VAIO Zシリーズ」購入記【前編】 〜VAIO type S(SZ)、VAIO type Zに続く3台目のマイVAIO




●スペック確認、



では早速スペックを確認してみたいと思います。



 VAIO Zシリーズ

詳しいスペックはこちら


訂正:重量を1.62kgと表記してましたが、正しくは約1.35kg〜です(約1.62kgは(L)バッテリーを搭載したときの重量です)。 ご指摘ありがとうございました。 訂正してお詫び申し上げます。 2010年7月21日



CPUはCore i7-620M(2コア4スレッド)、メモリは8GB、SSDは512GB。 価格はソニースタイル(SonyStyle)を参考にしました。 しかし現在(2010年4月26日)、Core i7-620Mが入荷未定となっており選択が出来ませんでした。 選択できたら価格は40万超えるかもしれません。 高級すぎて自腹じゃ買えない価格です。



VAIO Zシリーズ VAIO Zシリーズ

拡大画像(左図)(右図


OSは64bit版のWindows 7 Home Premium。 (左図)はOSの起動直後にタスクマネージャーを確認してみたものです。 このときすでに1.53GBのメモリを消費しています。 何に使っているんでしょうか? メモリは8GB搭載しているので足りなくなることはありませんが少々気になりました。



VAIO Zシリーズ

内蔵ストレージは「512GB SSD」。 初期状態では約425GBの空き領域があります。



内蔵SSDはRAID 0構成のデュアルSSDを2つ搭載してクァッドSSDを実現しているそうです。 参考リンク→(完全分解×開発秘話:クアッドSSD搭載の「VAIO Z」を速攻で丸裸にする (2/3) - ITmedia +D PC USER)。 ベンチマーク計測したけど、すげーよ、これ(後述)。



VAIO Zシリーズ

フリーウェア「Speccy」を使ってPCのシステム情報を表示してみた図。 グラフィックはNVIDIA GeForce GT 330M。 電源設定を「省電力」または「AUTO」に切り替えるとIntel Graphics Media Acceleratorに切り替わります(AUTOの場合は状況に応じて変更します)。 SSDはソニー独自設計のためか、情報がありません(2010年5月3日追記:フラッシュメモリはSAMSUNG製でした



●ベンチマーク計測



VAIO Zシリーズ

パフォーマンスの評価を表示してみたところです。 グラフィックのスコアが一番低くて「6.3」、ディスクのスコアが一番高くて「7.6」となっています。 ウィークポイントが見当たりません。



VAIO Zシリーズ VAIO Zシリーズ VAIO Zシリーズ

画象はクリックで拡大できます


左から「CrystalDiskMark」、「CrystalMark 2004R3」、「HDBENCH」です。 ドライブ(SSD)の速度が連続読込で656MB/sでした。 なにこれ!? 見たことがない数値です。 さすが(RAID 0 SSD)×2! これはすげー(笑)!



試しに約708MBのフォルダー(ファイル数792個)を内部コピーしてみたところ、約3秒で完了しました。 速い! ちなみに私のメインマシンである HP xw4400 (ワークステーション)で同じテストをしたところ、約29秒かかりました。 単純計算すると約10倍高速らしいです。 



VAIO Zシリーズ にはキーボードの上にパフォーマンス設定を切り替えるスイッチが用意されています。



VAIO Zシリーズ

1)パフォーマンス優先の「SPEED」

2)バッテリー駆動時間優先の「スタミナ」

3)状況に応じて自動で切り替える「AUTO」



この3つのモードがあり、上記のベンチマークはパフォーマンス優先で計測しました。 以下は(2)(3)のモードで計測した数値です。



VAIO Zシリーズ VAIO Zシリーズ VAIO Zシリーズ

VAIO Zシリーズ VAIO Zシリーズ VAIO Zシリーズ

クリックで拡大できます


上段が(2)バッテリー駆動時間優先の「スタミナ」、下段が(3)状況に応じて自動で切り替える「AUTO」です。 「スタミナ」モードにすると全体的にパフォーマンスが落ちます。 とくにグラフィックがNVIDIA GeForce GT 330Mから内蔵のものに切り変わるので落ち込みが激しいです。 AUTOモードはなぜか「SPEED」モードよりも部分的に数値が良いっすね。 ということは普段はAUTOで十分じゃないでしょうか。



その他のPCのベンチマーク

日本HPのフラッグシップ・ノートPC「HP dv7 春モデル」

13.3インチワイド液晶、フルメタルボディ・ノートPC「HP dm3i 春モデル」

日本HPの15.6インチ、スタンダード・ノートPC「HP dv6 春モデル」

日本HPのフラッグシップ・デスクトップPC「HP HPEシリーズ 春モデル」

省スペースデスクトップPC「HP s5350jp 春モデル」

ボードPC 「VAIO Lシリーズ」



VAIO Zシリーズ

SCORE: 9367

AVERAGE: 53.41FPS



ストリートファイターIV ベンチマークソフト」を使ってみました。 上図はスクリーンキャプチャです。 測定の結果、ランクは「」でした。 ソフトの設定はディフォルトのまま測定しています。  VAIO Z はパフォーマンス優先の「SPEED」モード。 ゲーム中は、もたつきなどまったく感じませんでした。



●最初に行った作業



VAIO Zシリーズ

光の加減によって天板の表情が変わります


貸出機ですので念のために「VAIO リカバリーセンター(図1図2)」を使って、「お買い上げの状態にリカバリー」しました。 (ウィンドウが狭くてなんだか見づらいですが)作業は数クリックで完了しますので簡単です。 この作業は内蔵ドライブにイメージが格納されているので、CDなどを用意する必要はありません。



リカバリ後・・・

McAfee(セキュリティソフト)をアンインストール。 代わりにマイクロソフト製、無料セキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」をインストールしました。 ブラウザにはFirefoxを、ついでに「Google 日本語入力」もインストールしました。 他には・・・



WinShot (スクリーンキャプチャソフト)

Google Earth



・・・などをインストールしました。



その(2)へつづく



リンク とくみつ録どれどれ ソニーストア

VAIO Zシリーズ ソニー


購入先( VAIO Zシリーズ )

Amazonで検索楽天で検索Yahoo!ショッピングで検索

ヤフオクで検索


関連記事 とくみつ録用これまた

省スペースデスクトップPC「HP s5350jp 春モデル」レビュー

日本HPの15.6インチ、スタンダード・ノートPC「HP dv6 春モデル」レビュー

日本HPのCULVノートPC「HP dm1 春モデル」レビュー

13.3インチワイド液晶、フルメタルボディ「HP dm3i 春モデル」レビュー

日本HPのフラッグシップ・ノートPC「HP dv7 春モデル」レビュー

「VAIO Lシリーズ」をお借りしました

ソニー初のネットブック「VAIO W」をお借りしました。



ソニー(VAIO) VAIO Zシリーズ Z119 Win7HomePremium 64bit Office シルバー VPCZ119FJ/S
ソニー (2010-03-06)

売り上げランキング: 26141

おすすめ度の平均: 5.0
5 最高のモバイルPCとして間違いないでしょう!!




ハンドメイドフェルトケースDX for VAIO Z ブラック
buzz-house design.

売り上げランキング: 23182







リサーチリンク

ノートPCのベストセラー Amazon

週間売上ランキング(ノートパソコン) 楽天

ノートパソコン 売れ筋ランキング 価格.com



----------------------------

このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたイベントに参加して書かれています。 本イベントへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)。本イベントに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

----------------------------






ジャンル: モノフェローズ , ■ PC本体