2010年05月10日

望遠でも強力に手ブレ補正してくれるHDビデオカメラ「iVIS(アイビス) HF M31」レビュー(5)まとめ



画像名

iVIS HF M31 キヤノン


2月15日に発売されたキヤノンのHD ビデオカメラ「iVIS(アイビス) HF M31」。 その体験イベントに参加して、そのまま実機をお借りしてきました。 数回に分けてイベントのレポートと、実機のレビューをしています。 その1その2その3その4からのつづきです。



今回はタッチパネルの使い心地を確認、静止画を撮影動画管理・編集ソフトの使い心地を確認して、全体を総括しています。



※このレビューは「みんぽす」の無償イベントに参加して書かれています。(詳細は末尾で)



詳細は以下より

 

●タッチパネルの使い心地



iVIS HF M31

iVIS HF M31 の特徴のひとつである、タッチパネル液晶。 再生時の操作はもちろん、撮影時に対象をタッチするとそれを自動追尾します。 早速それを試してみました。



いい対象が見つからない(いない)ので、去年iVIS(アイビス) HF21で撮影したこの動画(YouTube)を 使ってテストしました(下の動画)。




タッチしてすぐ(4秒付近)で犬が画面からはみ出てしまいますが、それでも自動追尾をあきらめてません。 すごいなあ! 最後、犬が遠くへ行き小さくなりすぎたのか追尾を解除しています。




たくさんの子供の中からわが子を選んで自動追尾開始です。 激しく動いても狙った獲物は逃しません。 



もうお気づきだと思いますが、iVIS HF M31 は人物の顔だけでなく犬や服などでも自動追尾してくれます。 色や模様を認識しているので、追尾した人や動物たちが激しく交差しても、別の対象に乗り移ることなく、狙った対象を追い続けます。 もちろん限界もあります。 同じ色、デザインの服を着た人物が激しく入り混じると追尾が難しいというお話でした。




タッチパネルで再生メニューを操作しているところです。 直感的に操作出来ます。 液晶画面はフラット構造で端で指がひっかかることはありません。 掃除もしやすいです。 抵抗膜方式(フィルム2枚接触型)を採用しているので比較的、水滴に強く、手袋をしても操作可能です。


気になったのは・・・




端にあるメニューの反応がよろしくないこと。 タッチパネルは少し強めにタッチしないとここは反応しづらいのかも。



それと手袋をした指では操作が難しかったなあ・・・。 もう少し液晶画面を大きくして欲しいなと思いました。 動画には映ってませんが設定画面のメニューが少々特殊です。 設定画面も上動画のように自由にタッチ出来る方式にしてほしいです。



iVIS HF M31

とはいえ、タッチパネル初号機にしては良い出来だと思います。 タッチ追尾には未来を感じました。



●静止画



iVIS HF M31 は動画だけでなく静止画も撮影できます。



画像名 画像名


画像名 画像名

クリックで拡大出来ます


電源を入れて、撮影完了まで約5秒です(左下図)。 ちなみに動画撮影時は約3秒で完了します。 動画撮影時に比べると、静止画撮影ではAF速度が少々遅いので、2秒という差がついたのかもしれません。



しかし画質はなかなかのもんです。 手ブレ補正+F値が低い(レンズが明るい)ので暗い場面でも比較的良好な写真が撮れました。 失敗は少なかったです。 補助的に使用するならこれで十分。 旅先での記念撮影などには普通に使えます。 静止画の撮影可能サイズは以下の通りです。



L(2,100×1,575画素) デジカメ風に言うと約331万画素

LW(2,304×1,296画素)

M(1,600×1,200 画素)

S(640×480画素)

SW(848×480画素) ※ 動画モード(同時記録)時のみ



●動画管理・編集ソフト



iVIS HF M31

PIXELA ImageMixer 3 SE


付属の動画管理・編集ソフト(PIXELA ImageMixer 3 SE)は、前回お借りしたiVIS(アイビス)HF21のときのものと同じでした。 よって、使い心地も同じ。



動画をPCに取り込んでみた



取り込みから管理・編集までこのソフトがやってくれます。 わかりやすい(理解しやすい)ソフトです。 編集は単純なことしかできません。 ですので、すぐに使いこなせるようになります。 しかし使いこなせるようになると、もっと高機能なものが欲しくなるんですよね〜(笑)。



動画編集にはCPUのパワーを必要としますので、最低でもデュアルコアCPU搭載のPC欲しいところです。 クアッドコア(Core i5-i7など)CPU搭載PCだと快適でした。



編集作業を余裕でこなしたPC

日本HPのフラッグシップ・ノートPC「HP dv7 春モデル」

ハイスペック・デスクトップPC「HP e9380 春モデル」

日本HPのフラッグシップ・デスクトップPC「HP HPE 190jp 春モデル」


ギリギリだったPC

VAIO Lシリーズ

「HP xw4400/CT Workstation」



ギリギリだったPCは、編集してプレビュー再生のときにもたつきます(とぎれとぎれになる)。 余裕でこなしたPCはもたつき感はゼロ! 快適でした。



●まとめ



iVIS(アイビス) HF M31

今回の iVIS HF M31 はパワードIS(新・手ブレ補正機能)が非常に良かったです。 前回お借りしたiVIS(アイビス) HF21でほぼ完成形だろうと思ってたら、さらに上を行ってました。 画質もよく、夜の撮影も見た目通りに撮影できます。  iVIS HF M31 で撮影した動画に見慣れると、MYコンデジで撮影した動画がとっても不憫でなりません。



デジタル一眼レフカメラで撮影した動画も非常に綺麗なんですが・・・



・起動時やズーム時に動作ノイズが入る。

・ズームすると画面がブレる。



という点で動画をメインで使うには現時点では少々厳しいようです(気軽に補助的な使用だと大丈夫らしい)



動画がメイン、写真は補助、そんな使い方だと断然 iVIS HF M31 は使いやすいと思います。 現在(2010年5月10日)Amazonでは5万円台で購入できます( iVIS HF M31 シルバー)。 2月には7万円台だったのに、ずいぶん安くなったもんですね。



DIGIC DV

DigicDV


良かったところ

・起動が速い(動画撮影時)

・AFが高速

・本体サイズがコンパクト

・手ブレ補正が強力

・画質が綺麗

・タッチ追尾に未来を感じた



自己の反省をこめて一応書いておきます

手ブレ補正は強力ですが、だからといって、テキトーに構えると、非常に見づらい映像になってしまいます。 構えは大事です(手ブレ以外にも画面を水平に撮るという意味でも)。



気になったところ

・タッチパネルの反応が部分的に少々鈍いかも?

・バッテリーの持続時間が短いかも?

・撮った動画編集には高いPCスペックが求められる。



そういえば、動画編集は iVIS HF M31 本体でも出来るんだった・・・。 高スペックなPCを持ってなくてもわりと快適に編集できますよ、と説明されたのに試すの忘れてた(笑)。



いやしかし

こんなに進化したら次はどうすんだろう? デジカメに対抗して、レンズ交換式ビデオカメラとか出しますか? キヤノンだったらレンズ資産もたくさんあるしね。 正当な進化として、もっと本体サイズをコンパクトにするのはアリでしょうね。 手ブレ補正もさらに強力に ・・・とか、いろいろと言いたくなるし、愉快な妄想が広がるビデオカメラでした。 これは良品です。

(了)



その1へ戻る



リンク doredore画像名 キヤノン 

iVIS HF M31 製品情報


販売店リンク

Amazonで検索楽天で検索Yahoo!オークションで検索

CANON iVIS HF M31 価格.com


交換バッテリー(Amazon)

BP-808(標準)

BP-819(大容量)

BP-827(さらに大容量)



関連記事 doredore画像名

「iVIS(アイビス) HF21」レビュー

「iVIS(アイビス) HF21」の体験イベントセミナー編

カシオのデジカメEXILIM「EX-Z450」レビュー(3) 動画撮影

ウォークマン「NW-A840シリーズ」レビュー(8) YouTubeの動画を再生

パナソニックのデジタル一眼カメラ 「LUMIX DMC-G1」購入






Canon バッテリーパック BP-827
キヤノン (2008-08-15)

売り上げランキング: 5935

おすすめ度の平均: 5.0
5 Canon ivis HF21用に




----------------------------

このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたイベントに参加して書かれています。 本イベントへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)。本イベントに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

----------------------------