2010年12月06日

ケルヒャー「日本橋クリーニングプロジェクト」体験イベントレポート(3)環境に配慮した洗浄方法を拝見



画像名


ケルヒャー・ジャパン株式会社「日本橋クリーニングプロジェクト」の体験イベントに参加してきました。 現在進行形で行われている日本橋のクリーニング作業。 その現場を見てきました。 今回はいつものデジモノ系イベントとは違い、オトナの社会科見学でございます。 その1その2よりつづきです。



今回は体験イベントの後半部分です。 日本橋で行われているクリーニング作業の様子を見学してきました。



※このレビューは「みんぽす」の無償イベントに参加して書かれています。(詳細は末尾で)



詳細は以下より

 現地へ向かうのよ



では、さっそく現地に行って現状を確認してみます。※ 2010年11月24日の様子です



ケルヒャー「日本橋クリーニングプロジェクト」 ケルヒャー「日本橋クリーニングプロジェクト」

洗っているのは側壁と勾欄(手すり)です。 川下側(下流側)の作業はほぼ終了していました(上写真)。



ケルヒャー「日本橋クリーンプロジェクト」

上流側の橋の様子(2010年11月24日)


現在(2010年11月24日)は川上方面(上流側)のクリーニング作業を行っています。 ※2010年12月10日終了予定



ケルヒャー「日本橋クリーンプロジェクト」 ケルヒャー「日本橋クリーンプロジェクト」

テント内部の様子。 この中で・・・



ケルヒャー「日本橋クリーニングプロジェクト」

このような温水高圧洗浄機を使って作業をしています。 ※水は現場の川から組み上げて濾過し、それを温めて使用しています。



ケルヒャー「日本橋クリーニングプロジェクト」

トルステン・モーヴェスさんがクリーニング作業の実演をしてくれました。 上写真のシミは実演のために残しておいてくれた日本橋の汚れ。 今までこんな汚れが橋全体に付着してたんですね。 もしかして今までは黒い橋だった?



ケルヒャー「日本橋クリーニングプロジェクト」

洗浄中。 高圧洗浄温水をかけると、みるみる落ちていく汚れ。 見てるだけで気持ちイイ。



ケルヒャー「日本橋クリーニングプロジェクト」

はい見事、すっきり綺麗になりました。 なにこの強力なスプレーは? ←普通の温水です! 温水だけでここまで綺麗に汚れが落ちるなんてすごいね。



ケルヒャー「日本橋クリーンプロジェクト」

高圧洗浄機の洗浄ノズル。 手元のレバーを引くと先端から霧状の温水が噴出します。



ケルヒャー「日本橋クリーニングプロジェクト」 ケルヒャー「日本橋クリーニングプロジェクト」

温水高圧洗浄機を実際に体験してみました。 上写真がそのときの様子です。 壁に向かって放水すると、はね返った温水で服が濡れるので、川に向かって放水してます。 見た目以上に水圧があってビックリした。 これだったらどんな汚れでも落ちるわ〜。 これで我が家のお風呂場を掃除したら一瞬で綺麗になりそうだなとか思った。



とはいえ

約100年間、野外に放置されている日本橋。 そう簡単にはいきません。 排気ガスなどによる汚れがひどいところが残っています。 そういう場所には温水洗浄の後でパウダー洗浄を行います。



ケルヒャー「日本橋クリーニングプロジェクト」

これがパウダー洗浄機。 武器みたいでかっこいいね。



ケルヒャー「日本橋クリーニングプロジェクト」

ホースの先端をブスッと炭酸カルシウムに突っ込み使用します。



ケルヒャー「日本橋クリーニングプロジェクト」

戦闘準備完了。 炭酸カルシウムの粉を勢い良く噴射して汚れを落とします。 それでも落ちない「層」になった汚れには高炉水砕スラグを使用するとのこと。 ※経年による変色、黒ずみなどは若干残るみたいです。 ※周囲が粉まみれになるので実演はしてくれませんでした。



パウダー洗浄の様子 ケルヒャー



ケルヒャー「日本橋クリーニングプロジェクト」

炭酸カルシウムと高炉水砕スラグ。 ともに環境にはほとんど影響のない物質です。



ケルヒャー「日本橋クリーニングプロジェクト」

クリーニング作業が終わった下流側の橋にて。 これは経年による変色ではなく、焼夷弾の跡です。 橋のあちこちにこのような焼夷弾の痕跡が残っているんだとか。 戦争の爪痕なので意図的に残しているそうです。 そっか、日本橋は戦争も体験してるのね(しみじみ)。



予定通りに進めば12月10日頃にクリーニング作業は終了する予定です。 どんな姿になったのか気になるので、その頃にまた現地へ行って、綺麗になった日本橋を確認してみようと思ってます。



現在、ケルヒャーのCMが「日本橋クリーニングプロジェクト」を絡めて、テレビやラジオで流れてますが、とっても身近に感じます(笑)。 今回はクリーニング作業の裏側が見れて面白い体験イベントでした。  関係者の皆様、どうもありがとうございました。



その1その2へ戻る



リンク とくみつ録どれどれ

ケルヒャー ジャパン株式会社

ケルヒャージャパン|日本橋クリーニングプロジェクト


ケルヒャー製品 Amazon

ケルヒャー製品 楽天

ケルヒャー製品 Yahoo!オークション



関連記事 とくみつ録用これまた

そうだ、キーボードを掃除しよう

エアコンの掃除

ケーブル結束にはマジックバンドが最適

机や棚、デジモノに降り積もったホコリを掃除するにはフローリング用ドライシートが便利










----------------------------

このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたイベントに参加して書かれています。 本イベントへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)。本イベントに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

----------------------------