2013年05月07日

Photoshopなど、アドビ製品の新バージョンが登場。 提供形式はダウンロード販売(月額制)のみ。 パッケージ販売は終了



画像名


「Photoshop CC」などアドビ製品の新バージョン6月18日提供開始、月額制のみ -INTERNET Watch (Twitter民の反応

アドビシステムズ株式会社は7日、画像編集ソフト「Photoshop」をはじめとする同社クリエイティブ系ソフトウェア製品の新バージョン「CC(Creative Cloud)」シリーズを6月18日より提供開始予定だと発表した


これも時代の流れでしょうねえ。。。 「Photoshop」「Illustrator」などアドビ製品の新バージョンは今後、月額会費制(サブスクリプション制)のみになるようです。 要するにダウンロード販売オンリー、パッケージ販売は終了。 elementsに関しては不明。 気になる価格は、単体サブスクリプションプランで月額2200円(年間プラン)から。 年間にすると2万6400円の負担です・・・。 今まで2年に1度、2万5000円前後でPhotoshopの新バージョンが購入できたので、この変更は実質値上げです。 う〜む。。。 

 

 

Photoshopはバージョンアップのたびに便利になってきたものの、その大部分は仕事にあまり関係ありませんでした(私にはね)。 反面、改善してほしい部分は放置気味。 7以降はバージョンアップして幸せになった記憶がほとんどありません。 なので「CCシリーズ」に飛びつく理由もなく、今後しばらく様子見いたします。



起動やファイル展開、テキスト入力が軽くなって、64ビット版WindowsのExplorerで、psdファイルのサムネイル表示が可能になったら、そのときまた改めて考えます。



Windows7(64bit)のエクスプローラでPSDファイルをサムネイル表示する方法 - 駆け出しライターのブログ

誠 Biz.ID:ビジネスの悩みを解決するPDFドリル:OSを64ビット版Windowsに変えたらPDFのサムネイルが非表示に――その解決法は






Adobeが「Creative Suite」の提供を終了し月額課金の「Creative Cloud」へ移行 - GIGAZINE (Twitter民の反応

Fireworksについては開発を終了(Twitter民の反応


アドビ、“手ぶれ補正ツール”などを備えた「Photoshop CC」 (Twitter民の反応


Photoshop CC Twitter上の反応






リンク さくら

製品一覧 アドビ ソフトウェア | Adobe



関連記事 さくら これまた

64bit Windowsのエクスプローラ上でPDFファイルのプレビュー表示を可能にする方法