2008年09月26日

タブレットPCを掃除してメンテナンスして卓上テレビとして再利用


  



自分用のサブノートとして購入 → 妻専用の仕事マシン を経て、現在放置マシンとなっていた「TC1100」。 これを卓上テレビ(ワンセグ)マシンとして活用しよう! と思い立ちセッティングしました。 



ワンセグチューナーはバッファローのちょいテレ「DH-KONE/U2R」。 記憶が正しければ去年の年末に購入。 画質はワンセグなのでそれなりですが、録画も出来るしニュースチェックには最適です。 インストール完了するとタブレットPCでも問題なく視聴できました。 しかし・・・



肝心のPCの反応が激遅モッサリ! しかも1時間くらい使用してると熱暴走と思われるハングアップをする始末。 なんだこのヘッポコPCは!!



・・・そんなわけで大掃除&メンテナンスをしました。



まずは熱暴走対策として排気ファン部分をエアダスターで徹底的にお掃除です。 吸気口からエアダスターを吹きかけると、内部にたまってた大量のホコリが煙のようにブワッー!と見事に排出されました。 これは気持ち良い。 PCの中に住み着いた悪霊を追い出したような気分です。 とりあえずこれでファンが勢いよく回るようになり、熱暴走はしなくなりました。  ついでにキーボードも汚かったので、キーを1枚づつ剥ぎ取り、キーボード裏のホコリをふっ飛ばしました。 キーボードの裏はかなりやりがいのある汚れっぷりでした。 仕上げは除菌ウェットタオルで拭きあげてお掃除完了です。 



次はOS内部のメンテナンスです。 まずはいらないソフトのアンインストール。 そして「CCleaner」というソフトを使って、不要なファイル&レジストリの消去(100MB以上あってビックリした)。 仕上げは「NTREGOPT」を使ってレジストリを再構築して完了。 時間にして15分くらい。 この作業で見違えるほどテキパキと反応するタブレットPCへと生まれ変わりました。 購入したばかりのときもこのくらいテキパキしていたような気がします。 快適! リカバリしようと考えてたんですが、その必要もなくなりました。



というわけで現在卓上テレビマシンとして元気に活躍中です。 



しかし、このあまりの改善ぶりに「地デジも観れるかもしれない!」と淡い期待を持ってしまいました。 そしてバッファローのHPより「あなたのヘボPCで地デジ視聴は出来るかな?ソフト」をダウンロードしてテストしてみました。



結果は・・・惨敗。 マシンパワーが足りません。 PentiumM 1GHz程度では最低限の画質でしか観れないようです。 いや、そもそも著作権保護(COPP)に対応してないのでまったく観れないようです。 やっぱ、そうか。 残念。



関連記事

■ 録画も出来る防水ポータブルテレビ(ワンセグ)をお借りしました。

■ ワンセグ搭載VAIOは面白いかも

■ 正規のPC用地デジチューナーが発売間近なので調べてみた。

■ パソコンのメンテナンス



リンク

ワンセグチューナー「ちょいテレ」 Amazon

レジストリのクリーニングと最適化 ベクター

ハードディスクの健康状態を診断し、故障を予測することができるソフト ベクター








ジャンル: ■ PC本体